こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

私達はこれまでワーホリ・留学から帰国した方々と沢山のキャリアカウンセリングをしていますが、相談者の方々の対応を見ていて
とても気になってしまう点がいくつかあります。

キャリアカウンセラーは沢山の企業から依頼を受けてその企業にマッチする人材を探しているため、当然ながら面接官と同じ視点を持って求職者の皆様と接しています。

よってキャリアカウンセラーに対する印象が悪いと、その先の企業へ高評価で推薦されることは難しくなってしまうということをご理解頂いているでしょうか?

今回はそのようなことにならないためにも、帰国後の就職活動における「キャリアカウンセラー面談での注意点」というテーマについてお話させて頂きます。

キャリアカウンセラー面談での注意点

過去の経験から、キャリアカウンセラー面談で特に気を付けて欲しい点を3つに絞りご紹介させて頂きます。

①メールの返信がない、もしくは非常に遅い

まず気を付けて頂きたいのが必要なメールを送っても返信がない、もしくは返信がかなり遅いというケースです。

通常企業での仕事においては「メールの返信が来ない方は論外、遅い方は仕事が出来ない」という評価をされることが多いです。

キャリアカウンセリングは仕事ではないかもしれませんが、カウンセラーから見た場合メールの返信がしっかりできない方は「就職後の仕事でも同じことをやる可能性が高い」という解釈をすることになります。

実際にメールでのやりとりがしっかりしている方は企業からの内定率が高いですし、メールのやりとりがいい加減な方は就職活動に苦労するケースが多いという現実もあります。

メール対応は「ビジネスマナー」の大切な要素になるため、カウンセラーもこの点はしっかりチェックをしているのです。

従ってビジネスマナーである「メールのやりとり」には十分注意して、丁寧に行うようにして下さい。

②履歴書と職務経歴書作成がいい加減

注意点の2番目に挙げさせて頂きたいのが、提出して頂く「履歴書」と「職務経歴書」の作成がいい加減な方です。

キャリアカウンセリングは求人応募や面接の本番ではないためか

●必要事項が記入されていない

●内容が古いままで更新されていない

●誤字脱字が多い

●自己PRや志望動機が適当

etc・・

このようなものをそのまま送ってくる方が結構います。

また「写真がない」もしくは「印象の悪い写真」を添付した履歴書を送ってくる方も少なくありません。

このケースの大きな問題点は「ビジネスマナーに疎い方」というだけでなく

「就職活動に対する誠意と熱意がない」と評価されてしまう

ことにあります。

カウンセラーが最も敬遠したいのがこのように「誠意と熱意がない求職者」の方になります。

理由は明確で企業に紹介して最も信頼を失うのがこの「誠意と熱意のない方」だからです。

特にワーホリ・留学から帰国した方々の多くは20代~30代前半で社会人経験が長くないため、即戦力ではなくポテンシャルで勝負する方が多いと思います。

よって「誠意と熱意」は就職における絶対条件になりますので、履歴書・職務経歴書の提出でこの点がマイナスにならないように十分気を付けるようにして下さい。

③お礼がしっかり言えない

私達が嬉しく感じるのが

●良いキャリアカウンセリングを受けた時

●企業との面接が上手くいった時

●最終的に就職が決まった時(内定が出た時)

このような時にサポートしている求職者の方々からお礼の言葉(ありがとう)を頂けることです。

私はこの「御礼(ありがとう)をしっかり伝える」ことも非常に大切なビジネスマナーだと考えており、この御礼の言葉を相手に伝えるだけでも相手が受けるあなたの印象は良くなりますよね。

逆に仕事が出来ない方は「ありがとう」をしっかり伝える習慣を身に着けていないことが多いのです。

特にワーホリ・留学で海外経験を積んだ方の強みは「コミュニケーション力」や「ホスピタリティ力」であると期待されることが多いため、「Thank you!」を自然と言える人は好印象になることが期待できます。

よって相手にお礼を伝える習慣を身に着けて、皆さんの武器にしていただくことをおススメさせて頂きます。

**********************************

如何でしたでしょうか?

今回はキャリアカウンセリングを通じて気になる3つの注意点についてお話させて頂きました。

これらはすべて基本的なことですが、

この基本的なことが出来ることが、私達が皆さんを企業に推薦する最低条件になる

ということを是非理解して頂きたいです。

キャリアカウンセラーには気になることは何でも相談して頂いて良いのですが、キャリア相談も「社会人のマナーを守って行うこと」が大前提となりますのでこの点には十分気を付けるようにして下さい。

関連記事:帰国後の就職/キャリアカウンセラーの上手な使い方

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)