こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

皆さんは海外から帰国後の転職活動をするにあたり、転職エージェントやキャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)を活用しているでしょうか?

転職やキャリアのプロであるキャリアカウンセラーは色々なことが出来る能力を持っているのですが、私が知る限り上手に活用できている方はとても少ないと感じています。(勿体ないです・・)

よって今回は皆様のキャリアの実現に役立つ「キャリアカウンセラーの上手な使い方」というテーマについて皆様にお話しさせて頂きます。

キャリアカウンセラーの上手な使い方について

まず「キャリアカウンセラーの活用」というテーマの前に

●「キャリアカウンセラーはどのようなことが出来るのか?」

●「求職者の方から多い相談はどのようなものか?」

について確認していきたいと思います。

①キャリアカウンセラーが出来ること

プロのキャリアカウンセラーは下記のようなことが出来ます。

●求職者が希望する求人のご案内

●現在の求人市場などについてのアドバイス

●求職者の方の適性確認や合致するキャリアプランについてのアドバイス

●求職者の方の強みや弱みの整理

●企業から見た求職者の方の価値に関するアドバイス

●自己PRや志望動機などのまとめ方についてのアドバイス

●履歴書や職務経歴書作成についてのアドバイス

●面接に関するアドバイス

●求職者の方の推薦状を書く

●求職者が企業に聞きづらいことを代わりになって聞いてくれる

●求職者の方に代わって条件交渉をする(内定後の給与条件など)

etc・・

まだまだありますが、主だった項目を挙げると上記のようなことが出来ると整理できます。

②求職者の方から多い相談

次に求職者の方から受ける多い相談内容をいくつかピックアップして挙げさせて頂きます。

●希望に合う求人を紹介して欲しい

●応募可能な求人を教えて欲しい

●世の中にある仕事の種類(どのような仕事があるか?)について教えて欲しい

●自分にはどのような仕事が合っているのか?についてのアドバイスが欲しい

●履歴書や職務経歴書の雛形が欲しい

●履歴書や職務経歴書の添削をして欲しい

●自己PRや志望動機のまとめ方についてアドバイスが欲しい

●面接対策についてアドバイスが欲しい

●アルバイトの経歴をどこまで記載すべきか?を教えて欲しい

●海外経験をどのようにPRしたら良いか?を教えて欲しい

●第一希望でない企業から内定をもらった際の対応方法についてアドバイスが欲しい

●就職でなく、独立/起業をするにはどうしたら良いか?アドバイスが欲しい

●精神疾患があるが企業には打ち明けるべきか?教えて欲しい
(ご自身の不安な点について相談してくれる方もとても多いです。)

etc・・

こちらも挙げていったらキリがないくらい沢山の相談がありますが、今回は主だったものをピックアップしましたので参考にして頂けたら幸いです。

③キャリアカウンセラーの使い方

上記①、②を確認した上で「キャリアカウンセラーの活用の仕方」をまとめると下記の5点に集約出来ると思います。

1)求人提案

2)企業からの視点による、自身の適性や強み(弱み)に関する客観的なアドバイス

3)応募書類作成に関するアドバイス

4)面接に関するアドバイス

5)就職活動全般に関するアドバイス

この5点に関しては一般的な活用法になりますので、このような形で実際にカウンセラーを活用している方も多いと思います。

さらにより大きなメリットを享受するためには、下記の視点でプロのカウンセラーをより積極的に活用することをおススメします。

●推薦状を書いてもらう
→書類選考の合格率をアップさせる

●応募企業で「合格しやすい方」と「不合格になりやすい方」の傾向についてアドバイスをもらう
→カウンセラーは求人企業が求める人物像をよく理解していますし、企業に直接確認することもできます。

●内定後の条件交渉をしてもらう
→主に給与条件や出勤開始日などについては直接でなく、カウンセラーに間に入って交渉してもらう方が有利に働くことが多いです。

●自己PRの方法や面接対策についてアドバイスをしてもらう
→自分の強みや過去のキャリア/海外経験などをどのようにまとめて、面接官に説明したら良いか?についてアドバイスを受けることが出来ます。

このように一般的な活用方法に加えて、

「あなた自身で対応するよりも、カウンセラーの方にやってもらった方が有利になる場面」ではカウンセラーを積極活用する

ことを強くススメさせて頂きます!

また私がもう1点とても重要だと考えていることがあります。

それは

●「良いカウンセラーを見つけたら、就職が決まった後も長いお付き合いをするよう心掛ける」

ということです。

即ち転職先が決まったらキャリアカウンセラーとの付き合いを終わらせてしまうのではなく、

一生お付き合いが出来るキャリアカウンセラーと良好な関係を築き、生涯をかけたキャリアアップのパートナーになってもらう

がとても重要だということです。

理由は「人生100年時代」では1回の転職でキャリアが完結することは考えづらく、1人の方が何度も転職やキャリアチェンジをすることが普通になる時代になることにあります。

よって信頼出来る良いカウンセラーとは長いお付き合いをすることにより、あなたの生涯に渡るキャリアップのパートナーになってもらうことに大きな価値が出てきます。

今後は「かかりつけ医」のような形で「かかりつけのキャリアカウンセラー」を持つ時代になると思いますので、良い方を見つけて今後のあなたのキャリアアップに大いに役立てて頂きたいと思います!

関連記事:就職を成功させる人の共通点は「プロの活用」にある
https://hirawatari.xsrv.jp/syuusyokuseikou_procounsaler/

参考:キャリアカウンセリングはどんなときに受けるもの?相談内容は?(Cotree)
https://cotree.jp/columns/1374

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓

【おススメ求人はコチラ】↓