こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

海外に行くと様々な経験をすることが出来ますが、その中でも特に自主性とコミュニケーション力は
帰国後のキャリアにつながる貴重な経験になることが多いと思います。

よって今回は「ワーホリで身につける自立力&コミュニケーション力!」というテーマについてお話をさせて頂きます。

海外で活躍してる日本人の方々が持っている魅力とは?

私は海外で活躍されている日本人の方々にお会いしていつも思うことがあります。

それは皆さん

自分の意見をしっかり持ち「自立」していて、かつ強い個性を持っている!

ということです。

 

意見と個性がはっきりしているので、

「●●さんは△△という方である。従って××という仕事でご一緒できる。」と結論が導きやすいのは、

私にとってはストレスがなくとても気持ちが良いものです。

 

加えて感じるのが海外で活躍されている皆さんが持っている「コミュニケーション能力の高さ」です。

 

「意見を言える」「コミュニケーションが取れる」ということは当たり前のことかもしれませんが・・

グローバル&インバウンドビジネスを成功させるにあたって

「自分の意見をしっかり持ち発言できた上で、相手としっかりコミュニケーションが取れる」という能力

はとても重要な要素であることを再確認しています。

 

ここで素朴な疑問が湧いてきます。

なぜ海外で活躍している方は、このように自立した方やコミュニケーション力が高い方が多いのでしょうか?

 

私は主に下記のような理由によると考えています。

●日本では当たり前の環境(母国語が通じる、商習慣や価値観が日本人同士で共有されている前提がある、いつでも力になってくれる家族や友達が近くにいる、など)がない不自由な環境下で、様々な物事に挑戦していく過程で自立心が養われる。

●周囲の方がどんどん意見を言い合う環境下で、自身の考えを持ち発言する習慣がついてくる。

●海外での仕事においてはお客様やスタッフ達との「コミュニケーション力」が日本以上に不可欠なスキルとなっている。
etc・・

この考察から何を言いたいかというと

ワーホリ・留学を通じて海外に行く方は「自立力&コミュニケーション力」を身につける大チャンスである!

ということです。

海外で身に着ける「自立力」と「コミュニケーション力」!

私もカナダに留学した時そうでしたが、当初海外に行く動機は「語学を身につけたい!」という方が多いと思います。

しかし

実際に海外での生活や仕事を通して身につく力は「自立力」や「多様な価値観を理解する力」

だと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

余談ですが同時にもう1つ思うことがあります。

それは「元々個性が強い方や自立心の高い方」が自らの意思で海外に出て行っているのではないか?

ということです。

 

この理由はどうでもよいかもしれませんが…

いずれにせよ

●海外で活躍している方は「自立力」を身につけている方が多い


●ワーホリ・留学は「自立力」と「コミュニケーション力」を身につける大チャンスである!

という点に大注目しています!

私は少子高齢化で人口が減少するこれからの日本経済の行方は、「グローバル展開&インバウンド需要の拡大」の成否にかかっていると考えています。

しかし日本の大きな課題はこのグローバル展開&インバウンド本格時代を支える「グローバル人材」が圧倒的に不足していることです。

参考:グローバル経営人材、企業の7割以上で「不足」(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28944040T00C18A4XXA000/

この「グローバル人材の不足」という大きな課題を解決できるの一体どこの誰なのか?

それこそがワーホリや留学を通じて海外経験を積んできた若い皆さんだと思うのです。

 

よって私は今後「自立力」と「コミュニケーション力」を身につけたワーホリ人材達を通じて、日本のグローバル展開&インバウンドマーケットの拡大を盛り上げていきたいと考えています。

ワーホリ・海外留学経験を積んだ皆さん、平成の「失われた20年」で元気を失ってしまった日本を再び世界で輝く日本にするために、一緒に頑張っていきましょう!

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)