こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

沢山のワーホリ・留学経験者の方々とお話していると、ワーホリ・留学は1回だけでなく複数回行く方がとても多いと感じています。

実際には2か国に行く方が多いのですが、中にはワーホリを活用して5か国以上の国に渡航した強者も・・

ワーキングホリデー制度は1か国に対して1生に一度、しかも30歳までしか使えない貴重なビザであるため20代のうちにどんどん活用してもらいたいと思います。

一方でワーホリ・留学が終わった後には日本に帰国して就職するという現実が待ち構えており、「ワーホリに複数回行ったことで就職に不利になってしまった」というケースも多々見受けられます。

よって今回は皆様の貴重な海外経験が無駄にならないように、帰国後の就職を見据えた「ワーホリに2回以上に行く時の注意点」についてお話させて頂きたいと思います。

【帰国後の就職を見据えて】ワーホリ・留学に2回以上行く時の注意点

このテーマについて気を付けて頂きたいことは3点あります。

下記に順を追ってご説明させて頂きます。

①大きな「キャリアのブランク」をつくらないように気を付ける

一番気を付けて頂きたいのが、ワーホリ・留学による海外渡航歴が複数回かつ長期になった場合に「大きなキャリアのブランクが出来ないように気を付ける」ということです。

企業は相応の理由がない限りキャリアのブランクには非常に厳しい評価をする傾向があります。

このブログでも何度か触れていますが、

企業からは【ワーホリ=キャリアのブランク(1年間の海外休暇)】とみられることが多い

ということをまずしっかり理解して頂くことがとても重要です。

よって企業の経営者や採用担当者から見た場合

●複数回ワーホリに行く=キャリアのブランクが複数かつ長期に渡る

という評価になってしまう可能性が高くなります。

尚留学は勉強のための海外渡航ですが、キャリアの期間(働いた期間)がないのためワーホリ同様「キャリアのブランク」と捉えられる傾向があるので注意が必要です。

関連関連記事:コロナでワーホリ延期/キャリアのブランクに注意!
https://hirawatari.xsrv.jp/career-blank/

関連記事:ワーホリは帰国後の就職に不利になるのか?
https://hirawatari.xsrv.jp/waholikikokufuri/

②ワーホリ・留学の目的と成果を明確にする

それでは2回以上ワーホリ・留学に行く場合はどうしたら良いのでしょうか?

答えは明確で

1)ワーホリ・留学の目的を明確にすること

2)ワーホリ・留学を通じて身に着けたことを明確に説明できるようにすること

3)ワーホリ・留学を通じて身に着けことが、今後の仕事(キャリア)で役に立つことを説明できるようにすること

この3点をしっかり抑えて頂くことに尽きます。

要するに

「複数のワーホリ・留学経験=今後の仕事やキャリアの役に立つ」ということが説明できる

ことがとても重要になってくるのです。

参考:ワーホリから帰国後の就職を有利にするための3つのポイント
https://hirawatari.xsrv.jp/workingholidaykikokugosyuusyusyokuyuuri/

③海外渡航経験をPR出来る「私の提案書(第3の資料)」を作成する

②で整理した「ワーホリ・留学経験が今後のキャリアの役に立つ」ということを企業にしっかり伝えるためには、「履歴書」と「職務経歴書」だけでは不十分です。

よって私は

海外経験をしっかりPRするためには履歴書、職務経歴書以外の「第3の資料=私の提案書」を作成する

ことを強くおススメしています。

関連記事:海外経験をPRする「第3の資料」作成のススメ!
https://hirawatari.xsrv.jp/kaigaipr-3rddocument/

2か国以上にワーホリ・留学に行った方は自ずとあなたの経歴に占める「海外渡航歴」が長くなると思います。

よってこの「海外渡航期間」が

●単なるキャリアのブランク期間なのか?

●キャリアップにつながった期間なのか?

は大変大きな違いで、企業があなたの海外経験の評価を決める上で極めて重要なポイントになります。

尚海外経験で企業に評価されやすい項目としては下記のようなものがあります。

●多国籍の方々と一緒に働いたり生活した経験

●多国籍の方々に対して接客や販売をしてきた経験

●海外から見た日本の魅力(課題)が理解できるようになる経験

よってこれらの項目と関連する経験を企業にPR出来ると評価が高くなりますので、是非意識をしておいて下さい。

関連記事:ワーホリ後の就職で武器になる3つの海外経験
https://hirawatari.xsrv.jp/kikokugo-overseas-experience/

***************************

如何でしたでしょうか?

基本的にワーホリ・留学はその目的や収穫物が明確でない場合は「キャリアのブランク」と見なされ、帰国後の就職で非常に不利になってしまいます。

また仮に海外で良い経験を積んだとしても、その価値を企業にしっかり説明出来なければ前向きな評価を得ることが出来ません。

一方でこれから多くの日本企業が本格的にグローバル&インバウンド展開への対応が求められることになりますが、「対応できる人材が不足している」という大きな課題を抱えています。

よって「あなたの海外経験がこの課題を解決できる」という説明が出来たら、企業からの評価は高くなり大きなチャンスを掴むことが出来るようになるはずです。

本来は複数国での海外経験はとても貴重なものですので、今回のアドバイスを参考にして頂きあなたの海外経験を最大限に活かせるキャリアを掴んで下さい!

参考:ワーキングホリデー協定国26ヶ国でおすすめは?(留学くらべ~る)
https://ryugaku.kuraveil.jp/articles/49

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓

【おススメ求人はコチラ】↓