こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

私はワーホリ・留学から帰国した方々へのキャリアサポートをしていますが、以前からとても気になっていることがあります。

それは

●ワーホリから帰国した多くの方々の「海外経験に関する自己PR」が非常に似ていて、他の方との差別化に繋がりづらい

ということです。

更に厳しいことを言わせて頂くと

●自分では良いと思っている海外経験が、面接企業から見た時にマイナス評価になっているケースが多い

という大きな課題が未だに存在しています。

折角のワーホリ・留学経験を帰国後の就職に活かすためには、こうならないように十分気を付ける必要があります。

よって今回は「ワーホリ後の就職でライバルと差別化する3つの方法」というテーマについてお話させて頂きます。

ワーホリ・留学から帰国した方々の就職活動における問題点

まずはじめに

●ワーホリ・留学から帰国した方々の就職活動において何が課題となっているのか?

について確認して頂きたいと思います。

簡単にお伝えすると、海外から帰国したかなり多くの方が面接企業に対して下記3つの話をします。

ここに内容と課題を紹介させて頂きますので、まずは確認をしてみて下さい。

**********************************

①海外で「異文化体験」をしてきたという自己PR

(課題)→具体的にどのような体験で、この体験が入社後の仕事にどのように活かされるか?が正直分からない

②海外経験を活かして「英語を使う仕事」、「海外とつながる仕事をしたい」という志望動機
(課題)→「英語を使う」「海外とつながる」というのはあくまで仕事の手段であって、採用企業が一番確認したい「何の仕事をしたいのか?(仕事の目的)」が不明確である。

③海外経験が自分の自慢話になってしまい、「入社後採用企業に貢献できる」という内容になっていない
(課題)→そもそも海外経験がその方の自慢話になってしまっており、かつその経験が相手企業に役立つという内容になっていない

**********************************

確認頂けたでしょうか?

企の経営者や採用担当者は、ワーホリから帰国した方から履歴書や面接を通じて毎回のようにこの3つの話を聞かされています。

よってこの3つのパターンにはまってしまうと、応募企業からの評価が下がり書類選考や面接を通過できなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

関連記事:帰国後の就職活動でPRしてはいけない3つのポイント
https://hirawatari.xsrv.jp/jobsearch-ng3points/

ワーホリ後の就職でライバルと差別化する3つの方法

それでは帰国後の就職活動ではどのように他のワーホリ・留学経験者の方々と差別化をして、応募企業から高評価を得ることが出来るのでしょうか?

この質問に答える形で3つの方法についてご紹介させて頂きます。

関連記事:ワーホリを通じてキャリアアップするための必勝法!
https://hirawatari.xsrv.jp/workingholiday-careerup/

①海外経験を通じて最低限下記3つの経験・スキルを身に着ける

まず長期の休暇と認識されているワーホリ期間を「海外で遊んできた期間」と思われないように、最低限下記3つの経験・スキルを身につけて頂くことを強くおススメさせて頂きます。

関連記事:ワーホリは帰国後の就職に不利になるのか?
https://hirawatari.xsrv.jp/waholikikokufuri/

1)語学力

海外渡航の目的の1つに「語学力の向上」を設定している方がほとんどだと思います。

よって「海外経験を通じて語学力が向上した」ことを企業にしっかり説明できる状態を作る必要があります。

一般的には英語力の証明にはTOEICのスコアを求められますので、TOEICであれば最低でも600点以上、出来れば800点以上をとっておきたいところです。

ここでポイントになるのは、

海外に一定期間滞在しながら語学力が全く向上しない方は、「海外で遊んできた人」と断定されてしまうためこの状態を極力避ける

ことにあります。

よって高い語学力が求められる仕事は勿論ですが、それほどでない仕事に応募する場合でも語学力は最低限向上させておくことをおススメ致します。

※但しワーホリの目的が「語学力の向上」と全く関係ない方は、この項目は省略して頂いても大丈夫です。

関連記事:ワーホリ後の就職活動で英語力をPRする際の注意点
https://hirawatari.xsrv.jp/kikokusyuusyokueigopr/

2)仕事の経験

2つ目は海外で仕事の経験(海外で働いた経験)をしっかり積んでおくことをおススメ致します。

ベストは現地でローカル相手のお仕事を経験することなのですが、社会人経験が乏しかったり語学力が高くない方は日本人相手の日本食レストラン(ジャパレス)や英語を使わないベットメイキングでのアルバイトなどのお仕事をする方が多いと思います。

ここで大切なのは

仮に日本語だけしか使わない仕事であっても、「海外で働いた経験が帰国後の仕事に役立つ」というレベルの経験を積んでおく

ことです。

仮にジャパレスのアルバイトであっても帰国後の仕事に役立つ経験を積むことは可能ですので、下記の投稿を参考にして頂き「海外就労経験を帰国後の仕事でも活かせる状態」を作るようにして下さい。

関連記事:海外でのアルバイト経験はキャリアにならないのか?
https://hirawatari.xsrv.jp/parttime-career-mitomeru/

3)その他渡航前と比較して向上した経験・スキル

3つ目は何でも良いのですが

●「海外経験を通じて渡航前より向上した経験・スキル」を最低1つ以上作っておくこと

をおススメさせて頂きます。

ここで重要なポイントになるのは

企業は語学力や仕事のスキルもさることながら、同時にあなたが物事に真摯に取り組む姿勢や目標達成能力をチェックしている

点にあります。

よって日本では得難い海外経験そのものもとても重要なのですが、

●「あなたが目標を立て、その目標に対して努力をして達成できる人材である」ことを企業にしっかり理解してもらう

ことが同じくらい重要になります。

尚渡航前より向上した経験・スキルをしっかり企業に伝えるためには下記の2つをおススメしています。

(1)第三の資料(私の提案書)を作成して海外経験をしっかりPRすること

関連記事:海外経験をPRする「第3の資料」作成のススメ!
https://hirawatari.xsrv.jp/kaigaipr-3rddocument/

(2)ストーリー構築力をつけて、あなたの海外経験の具体的な価値をしっかり企業に伝えること

関連記事:ワーホリ経験を帰国後のキャリアにつなげる3つの方法
https://hirawatari.xsrv.jp/worholiexperience-careerupknowhow/

②あなたの海外経験が「応募企業のお役に立つ」という自己PRと志望動機を作成する

2番目に重要なことは

あなたの海外経験が単なる自慢話ではなく、入社後「応募企業のお役に立つ」ということをしっかり説明して納得して頂く

ことです。

ココでも重要なポイントは2つあります。

1)あなたの海外経験が、入社企業のお役に立つこと

1つ目は「あなたの海外経験が、応募企業に入社した後に本当に活かせる」ということです。

そのために重要なポイントになるのが「海外で得てきた経験を活かせる求人を探す」ことです。

関連記事:ワーホリ・留学経験を有利に活かせるキャリアとは?
https://hirawatari.xsrv.jp/workingholiday-career/

関連記事:【ワーホリ後の就職】英語を使う3つのお仕事
https://hirawatari.xsrv.jp/kikokugo-englishjob3/

関連記事・ワーホリ経験者が大活躍するインバウンドのお仕事!
https://hirawatari.xsrv.jp/inboundcareernew/

関連記事:ワーホリ経験を帰国後の仕事で活かせる求人の探し方
https://hirawatari.xsrv.jp/worholiexcareer-point/

 

2)伝えたいことを、相手に納得してもらえるレベルで説明できる状態を作ること

2つ目は「あなたが伝えたいことを、相手に納得して頂けるようにしっかり説明できる状態を作ること」になります。

そのために重要なのは「説明できる資料の作成」と「説明できる面接対策(準備)」になります。

関連記事:ワーホリ後の就職を有利にする3つのポイント
https://hirawatari.xsrv.jp/worholiexperience-careerupknowhow/

関連記事:ワーホリ後の就職を成功させるための「自己PR術」
https://hirawatari.xsrv.jp/jobsearch-selfpr/

関連記事:ワーホリから帰国後の就職を成功に導く「面接対策」
https://hirawatari.xsrv.jp/jobsearch-interview/

関連記事:帰国後の就職を成功させるための「履歴書作成術」
https://hirawatari.xsrv.jp/jobsuccess-resumewriting/


各項目の詳しい内容はココでは書ききれませんので、上記に添付した投稿内容を確認して頂きしっかり準備をするようにして下さい。

③「グローカル人材」としてのキャリア構築を目指していく

3つ目のポイントは

●今後海外経験を活かして多くの方が目指す「グローバル人材」でなく、「グローカル人材」としてのキャリアを目指す

というものです。

ご存知の通り「グローバル人材」とは一般的に「世界中どこに行っても活躍できる人材」のことを指しますが、

グローカル人材とは「Think global ,Act local」=地球規模で考えて、地域レベルで行動する方

であると言われています。

両者とも「世界を視野に入れている」点は同じなのですが、グローカル人材は「地域に根差したプロとして活躍する」点が従来の「グローバル人材」との大きな違いになります。

この「グローカル人材」として活躍するキャリアの中でも特に私がおススメするのが

ワーホリ経験を最大限活かして、日本で外国人の方々をおもてなしする「インバウンド関連のお仕事」

になります。

関連記事:ワーホリ経験を活かして「グローカル人材」を目指す!
https://hirawatari.xsrv.jp/workingholiday-glocalzinzai/

関連記事・ワーホリ経験者が大活躍するインバウンドのお仕事!
https://hirawatari.xsrv.jp/inboundcareernew/

コロナの収束後はインバウンド需要の急拡大などにより、優秀な「グローカル人材」の需要が一気に増えることが予想されます。

また

この「グローカル人材」という概念は比較的新しいものなので、海外経験を活かして他社との差別化を図るには高い効果が見込める

点はとても大きな魅力になります。

今後はこの「グローカルビジネス」の分野で活躍するワーホリ・留学経験者の方々が沢山出てくると確信していますし、私自身も積極的にサポートしていきたいと考えています。

*****************************

如何でしたでしょうか?

ワーホリ経験は非常に貴重で素晴らしいものなのですが、「帰国後の就職」にフォーカスすると

●ワーホリ経験者の自己PRが他の方と同じ内容になりやすい

●企業が持つ「ワーホリのマイナスイメージ」を払拭できない

●相手企業に「ぜひうちに来て欲しい」と思うレベルまで活用できる方が少ない

という大きな課題があります。

よって今回はこの課題を解決するために「ワーホリ」を活用してライバルと差別化する3つの方法をご紹介させて頂きました。

今回の内容を参考にして頂き、他の方(ライバル)との圧倒的な差別化を実現することにより沢山の企業から「海外経験を活かしてぜひうちに来て欲しい!」と言われる人材を目指して下さい!

参考:ワーキングホリデー(ワーホリ)で帰国後の就職に繋がるスキルを身につけるには?(留学くらべ~る)
https://ryugaku.kuraveil.jp/articles/41

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)はコチラから↓

【おススメ求人】はコチラ↓