こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

ワーキングホリデーは一生に一度しか使えない貴重な制度であるため、一旦社会に出た後に就職した会社を退職してでも行く価値があるものだと思います。

そして実際にワーキングホリデー制度を使って海外に渡航し、現地で観光したり勉強したり現地でお仕事をしたりすることにより日本ではなかなか出来ない経験を積み人生のリフレッシュをする方も多いと思います。

ワーホリを通じて人生をリフレッシュすることはとても良いことだと思いますが、今まで沢山のワーホリ経験者の方々を見てきた結果として「帰国後に就職する場合」に気をつけておいて欲しいことがいくつかあります。

よって今回は「ワーキングホリデーを通じて人生をリフレッシュする際の注意点」というテーマでお話させて頂きたいと思います。

ワーキングホリデーを通じて人生をリフレッシュする際の注意点

ワーキングホリデーは基本的には「休暇制度」という位置づけになっていますので、ワーホリ中は思う存分心身ともにリフレッシュをして頂きたいと思います。
※参考「ワーキングホリデー制度について」(外務省)
~ワーキング・ホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が,相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。~
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/working_h.html

但しここで注意して欲しいのがワーホリ渡航者の多くが「帰国後に社会復帰する(就職する)ことが前提」である、ということを忘れないで頂きたいということです。

私の経験からワーホリに行った方が帰国後の就職活動で苦労するパターンとして陥りやすいのが、おおよそ下記の3つのケースになりますのでご紹介させて頂きます。

①日本との文化や習慣の違いを感じて日本社会に復帰するのが嫌になってしまう

ワーホリ協定国の多くは日本と比較して「生活や家族を大切にする文化」を持つ国が多いと思います。
そのような文化や考え方に触れると「日本は仕事優先であくせくしていて嫌だ」という感情を強く持つ方が生まれやすいと言えます。

このように多くの海外の方が持つ「生活や家族を大切にする文化や習慣」は大いに参考にしたいところですが、その結果あまりに「日本の文化や風習をマイナスに捉える感情」を持つと帰国後の就職活動などで「海外かぶれ」というマイナスの印象を持たれてしまうことになりかねません。

日本にも良いところが沢山ありますので、あくまで日本の考え方を理解した上で海外で学んだ良さを自身の生活に取り入れながら「日本の良さと海外の良さの両方に目を向ける」ようにしてみて下さい。

 

②「自己主張を強くすることが良いことだ」という考え方が強くなりすぎてしまう

海外では日本と比較して自分の意見や考え方をはっきりと発言する「自己主張」の文化があります。
また相手とのコミュニケーションの中でも、相手の意見に対して自分の意見をはっきり伝えることにより「討論」のような形になることが日常茶飯事です。

この「自己主張をしっかりする」こと自体はとても良いことなのですが、日本の「忖度文化」を真っ向から否定してしまう方を時々見かけます。

日本ではまだまだ「謙虚な姿勢を重んじる」「言い方に気を配る」という習慣・文化があることは否めませんので、帰国後は過度な「自己主張は良いことだ」という感覚を持ちすぎないように気を付けて頂きたいと思います。

③ワーホリホッパーになることにより「キャリアの大きなブランク」が出来てしまう

ワーキングホリデー制度の凄いところは対象国を変えると30歳までなら何度でも使える点にあると思います。
よって1か国のワーホリでは物足りない場合、2か国3か国とワーホリで何度も海外に行く方も沢山いらっしゃいます。

このこと自体はとても良いことだと思うのですが、数か国へのワーホリ経験をした結果「長期間のキャリアのブランク」を作ってしまい帰国後の就職で苦労する方を沢山見てきました。

よって複数の国にワーホリに行く方は「ワーホリに行く目的を明確にする」「ワーホリで得てきたことを帰国後のキャリアに活かす」観点をしっかりもって、「長期のキャリアのブランク」を作らないように十分気を付けて下さい。

関連記事:ワーホリから帰国後の就職を有利にするための3つのポイント

関連記事:ワーホリから帰国後の就職・進路には4つの選択肢がある

****************************

如何でしたでしょうか?
ワーキングホリデー制度ははあなたの人生の視野を広げ、また可能性を高める素晴らしい制度だと思います。

よってワーホリをどんどん積極的に活用して海外経験を積んで頂きたいのですが・・一方でワーホリでリフレッシュをした結果、日本への社会復帰にマイナスになるケースも多々あるので今回注意点についてご紹介させて頂きました。

是非この点に十分注意しながら、貴重なワーホリ・海外経験を楽しんで人生を存分にリフレッシュして頂きたいと思います。

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)