こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

私は仕事柄沢山の経営者の方々から
●自社でグローバル展開を積極的に進めて行きたいのだが、対応できるグローバル感覚を持った人材がいない
●海外進出を考えているが、積極的に手を挙げてくれる若手人材が少ない
●海外展開もしくはインバウンドに強い人材を採用したいが、募集を出しても応募がこない
etc・・

上記のような相談を受けることが多くあります。

グローバル展開やインバウンドに力を入れるためには適切な人材確保が不可欠ですので、この課題は何として解決しなくてはならないものです。

私達はワーホリ・留学経験者のキャリアサポートと採用支援の専門家ですので、当然ながらこの課題に対する解決策をいくつも持っています。

よって今回はグローバル人材を必要としている企業様に対して「ワーホリを活用してグローバル人材を獲得する方法」というテーマについてお話させて頂きます。

「ワーホリを活用してグローバル人材を獲得する方法」

このテーマに対する答えは複数ありますが、今回は多くの企業様に当てはまる基本的でかつ効果が高いものを3点に絞りお伝えさせて頂きます。

①「ワーキングホリデー・留学経験者歓迎」求人であることを明確に打ち出す

まずは基本的なことですが、求人を出す際に「ワーホリ・留学経験者歓迎」を明確に打ち出すことは非常にシンプルですが効果的な方法です。

もちろんワーホリ・留学経験者すべてが求める求人のスペックに当てはまる訳ではないと思います。

しかし「海外経験がある方の中から選考をしたい」という方針が決まっているのであれば、他の条件(●●経験何年以上、など)と一緒に「ワーホリ・留学経験者歓迎」を謡うことによりターゲットとする方の目に留まりやすくなります。

私達は海外から帰国した求職者の方々から「ワーホリ・留学経験(海外経験)を歓迎してくれる企業や求人を教えて下さい。」と毎日のように相談を受けているので、この効果性については容易にご理解頂けると思います。

※関連記事:ワーホリ経験を帰国後の仕事で活かす最重要ポイント

②「ワーキングホリデー制度」を活用して海外研修制度を導入する

私が今後多くの企業に提案していきたいのがこの「ワーキングホリデー制度」を活用して海外研修制度を導入することです。

海外で働く際には「就労ビザ」の問題があるため、自社のスタッフを海外で修業させたくても簡単には実現できないという大きな課題があります。

しかし「ワーキングホリデービザ」を活用することにより就労期間は限られますが、海外での就労が可能となりますのでこの制度を活用しない手はないと思います。

私はこの

「ワーホリ」を活用した海外研修制度を導入することにより、今後グローバルビジネスに関わっていきたい人材からの応募が増える

と確信しています。

理由は以前求人を出しても全く応募が来なかった居酒屋で、この制度を導入したら一気に応募が増えた経験があるからです。

しかもこの制度を積極的に導入している企業は非常に少ないため、他社との大きな差別化にもつながってくると考えています。

更に今後グローバル展開を強化したい企業は、採用に力を入れるだけではなく

「ワーホリ」を活用して自社スタッフを海外に送り現地で働く研修・教育制度を導入することにより、自社内からグローバル人材を育成できる

ことが出来るようになりますので是非検討して頂きたいと思います。

③「ワーキングホリデー人材」を積極採用している海外企業と提携する

3番目は実際に私が行っているものですが、「日本から渡航したワーホリ人材を積極採用している海外企業と人材採用・育成で連携する」方法です。

実は海外現地企業のオーナーには、数あるワーホリの中でも事前に素性が分かり一定の能力がある方を採用したいというニーズがあります。(ワーホリで渡航する方は多いけれど、良い人材を見つけることが出来ないため渡航前から優秀な人材にアプローチしたいニーズでもある)

また基本的にはワーキングホリデーは1年間の滞在ビザであることが多いので、日本から渡航したワーホリ人材は1年後には日本に帰国することになります。

従って海外で就労経験を積むことによりグローバル人材育成を実現したい企業は、海外の現地企業と「育成候補人材を一定期間提携先に送り、必要な経験を積んだ後に自社に返してもらう」という提携をすることにより両社にとってメリットのある提携が実現できることになります。

特にある一定以上の数のグローバル人材をまとめて育成したい企業は、現地企業との提携を視野に入れることをおススメさせて頂きます。

**********************

如何でしたでしょうか?

一般的には「ワーホリは海外で遊んで来たんでしょう?」という評価を受けがちですが、ワーキングホリデー制度は使い方次第では企業の「グローバル人材の育成と採用」のための大きな武器になりえます。

日本はこれから少子高齢化が凄いスピードで進むことにより、「若いグローバル人材を如何に採用・育成するか?」は多くの企業にとって非常に重要な経営戦略であり課題になってくると思います。

尚「ワーホリ制度」を活用してグローバル人材の採用や育成に力を入れたい企業様は、直接私が対応させて頂きますのでご興味ある方はお気軽にご相談下さい!

※お問合せ

【無料キャリア相談/お仕事・セミナー情報】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)