こんにちは!
「日本と世界を人材でつなぐ!」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

皆さん「ワーキングホリデー」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「ホリデー」という言葉の通り、一般的には海外で「休暇」をするための制度というイメージが強いかもしれません。

しかし私は上手に活用すれば、皆様のスキルやキャリアをグローバルな視点で向上させることが出来る凄いシステムだと考えています。

よって今回はこのワーホリを活用して「グローバル人材になる方法」というテーマについて皆様にお話させて頂きます。

「グローバル人材」とはどのような人材なのか?

ワーホリ経験者の皆さんとお話をすると、多くの方が「グローバル人材として活躍したい!」という希望を持っています。

また凄いスピードで進むグローバル化に対応するために、多くの企業から「グローバル人材を採用したい」という話をよく聞きます。

しかしそもそもこの「グローバル人材」とは、具体的にどのような方のことなのでしょうか?

まずはこの「グローバル人材」とはどのような人材なのか?について一旦整理をしたいと思います。

私は実に様々な方からこの定義についてお話を伺います。

しかし「グローバル人材=非常にハイレベルな人材」という定義が多く、普通の方では決してなれないようなかなりのハイスペック人物像で表現されることが多いような気がしています・・

私の「グローバル人材」の定義は非常にシンプルで、「下記の3つの資質を備えた方=グローバル人材」であると考えています。

1.(日本人だけでなく)世界中の方々をお客様にできる人材

2.(日本人だけでなく)世界中の方々と一緒に働いたり、チームを組んだり出来る人材

3.(日本人だけでなく)世界中のライバル達と戦う、もしくは同盟を組めることが出来る人材

私が深く関わっている業界がインバウンドを中心とした観光・宿泊・サービス関連業だからこのような定義になるのかもしれませんが、とてもシンプルだと思いませんか?

私は

「グローバル人材」とは、語学力に長けていたり海外在住経験が長い人材のことではない

と考えています。

それよりも「意識」や「考え方」の方がより重要だと考えています。

簡単に言えば「目線や意識が国内だけでなく、世界中に向いているか?」がとても大きなポイントになるのです。

よって誰もが「グローバル人材」になれる可能性を持っているのですが、実際はこのような日本人はまだまだ少ないのが現実だと思うのです。

グローバル人材になるために活用できる「ワーキングホリデー制度」!

そしてここからが本題なのですが、このような意識をリアルに持ちかつ行動に移せるようになるためには

具体的にどうしたら良いのでしょうか?

私の答えは

出来るだけ若いうちに海外に行き、一定期間現地での生活や仕事を経験することによりグローバル感覚を身に着けること

がとても有効であると考えています。

海外に行くべき理由は

●「日本人がこのような経験をするにはまだ国内では環境が整っていない」

ことに加えて、

●「海外に出て日本と海外を比較してみないと「日本と世界の違い(日本の良さと悪さ)をリアルに理解できない」

ことにあります。

そしてグローバル人材の条件は先に述べた通り

●「多国籍な方々をお客様に出来ること」

そして

●「多国籍な方々とチームを組んで働けること」

です。

このような多国籍な方々と出会うためには日本国内では自ずと限界があるため、実際に海外に出て現地での生活や仕事を通じて必要な方々と出会い必要な経験を積む必要があると思うのです。

このような条件を備えるために改めて私が注目しているのが「ワーキングホリデー制度になります。

海外に一定期間住む場合、特に現地で仕事をする場合に大きなハードルになるのが「在留ビザ」の問題です。

しかし前回お伝えした通りワーキングホリデー協定国は実に26か国に上り、

基本的には18~30歳までの日本人であれば誰でも希望の国に1年間行くことが出来ます

関連記事:「ワーキングホリデー制度」とその可能性!
https://hirawatari.xsrv.jp/whatisworkingholiday/

 

しかも滞在中は観光はもちろん学校に行って勉強をすることも出来ます。

そして一番のポイントは合法的(=就労できる資格を持って)に「現地で働くことが出来る」という点です。

よって「ワーキングホリデービザ」を活用することにより、渡航前にまとまった資金がない方も、現地で稼ぎながら1年程度の海外生活を実現することが出来ます。

このようにワーホリビザは海外滞在目的が「仕事」であっても「学校(勉強)」でも「観光」でもすべて出来てしまう「魔法のビザ」なのです。

従って多くの方にワーホリ制度を上手に活用して頂き、海外でグローバル人材になる経験をしっかり積んで頂きたいと願っています。

*********************************

如何でしたでしょうか?

今回で「グローバル人材とはどのような方なのか?」についてご理解頂けたと思います。

そして

グローバル人材になるためには「魔法のビザであるワーキングホリデー制度」を上手に活用できる!

ということを皆様に強くおススメさせて頂きますので、是非実践してみて頂きたいと思います!

参考:ワーホリを使って1年でグローバル人材になるステップとは!(ジャパンオーストラリアセンター)
https://www.japancentre-au.com/blog/ryugaku-ikasu/tobeglobalpersonwithwh/

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓

【おススメ求人】はコチラ↓