こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

私はワーホリ・留学から帰国した方々のキャリアカウンセリングをしていて、相談者の多くは社会人の方々になるのですが、最近は現役大学生からの相談が急増しています。

背景には

●「新型コロナウィルスの影響で新卒の就職活動が厳しくなっている」

●「ワーホリ・留学に行くことが就職活動に不利になりそうで不安である」

などの理由があるようです。

参考:「先輩より厳しくなる」が83.8%  新型コロナの影響大きく(就活応援ニュースゼミ)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/syukatsu/syukatsu400/

よって今回は学生の方に向けて「学生にこそおススメしたいワーホリの活用方法」というテーマについてお話させて頂きます。

学生時代に経験するワーホリ・留学は就活リスクがほとんどない!

私は学生の方々にこそワーホリ・留学にどんどん挑戦してもらいと考えています。

理由は学生時代に行うワーホリ・留学には「卒業後の就職活動のリスクがほとんどない」からです。

むしろ「学生時代に経験するワーホリ・留学はキャリアアップの面からみてもメリットだらけ」と言って良いと思います。

大きなポイントは

●「卒業前に経験したワーホリ・留学期間がキャリアのブランクにならない」

ことであり、

●「学生時代に積極的に今後のグローバルキャリアに役立つ経験をした」

ことは新卒の就職活動において企業からプラスの評価に結び付きやすいことをしっかり理解しておくことです。

実際に私自身も明治大学3年生を終えた後に1年間休学をして、カナダに語学留学をしてから帰国後就職活動を行いました。

そしてカナダへの留学経験がマイナスになることは一切なく、むしろ就活に有利に働くことばかりだったことを今でもはっきりと覚えています。

よって私は自身の経験から

学生時代にこそワーホリ・留学経験をしておくべきだ!

と考えているのです。

今後の時代に必要とされる人材キーワードは「自立」と「グローバル」!

私は人生100年時代に必要とされるキャリア・人材のキーワードは「自立」と「グローバル」だと考えています。

私が学生時代にワーホリ・留学に行くことを勧める理由は、社会に出る前に海外での生活や就労経験を積むことにより一定の「自立力」と「グローバル力」が身につくからです。

少し解説させて頂きたいので、ここで「海外経験で身につく具体的な5つのこと」を挙げさせて頂きたいと思います。

①日本の魅力と課題が理解できる

私は日本は素晴らしい国だと考えていますが、具体的に何が素晴らしいのか?は他国と比較しないとなかなか見えてこないものだと考えています。

実際に「日本の魅力は海外から見てこそ理解できる」と感じる方は多いと思います。

これは日本の「課題」に関しても同様で、「海外から日本を見る」ことによって初めて見える課題が沢山あります。

よって

「学生時代に海外から日本のことを深く理解する」ことは、今後のグローバル時代で働くにあたり大変大きな価値になる

と断言できます。

②日本について無知であることに気づく

海外に行かれた多くの方が「自分は如何に日本のことを知らなかったかを思い知った。」というコメントをします。

海外に行くと現地の方や他国から来た海外の方々から日本について次々と質問を受けることになります。

質問のテーマは政治のこと、文化のこと、宗教のことや生活のことなどなど・・

私自身もそうなのですが

海外に出るといつも「本当に自分は日本のことを知らない」

ことを痛感することになります。

特に若い時には「海外で日本のことを聞かれても即答できず、恥ずかしく思う経験」をすることがとても多いんですよね。

まさにこれは「井の中の蛙状態」だと言えます。

従って今後グローバル人材を目指すためには、「自国日本のことをもっと勉強する必要がある」と肌で感じることに大きな意味があると考えています。

③行動力や自立力が身につく

海外と比較すると日本は本当に安全で便利な国だと思います。

かつ日本国内にいれば、普段から周囲に家族や友人がいるため生活の中で困ることはほとんどありません。

しかしひとたび海外に出ると知人は少なく、言葉も違い、様々なルールや価値感が違う中で生活していくことになるので自ずと「自立力」が身に付きやすくなります。

また海外では皆さん積極的に自分の意見を言ってくるため、黙っていると「存在しない人」として扱われかねません。

そうした状況では自ずと行動力や表現力、コミュニケーション能力が高まることになり、このような経験が帰国後のキャリア形成に本当に役に立つことになるのです。

④多国籍な方々に対する理解力が深まる

今後の日本は急速に進む少子高齢化とグローバル化により、日本人だけでなく世界中の方々を顧客にしたり世界中の方々とチームを組んで働く時代に突入します。

この際に日本人と違う「多国籍の方々に対する理解力」を身に着けることは非常に重要なビジネススキルになってきます。

いわゆる「ダイバーシティ(多様性)」と呼ばれるものですが、日本は単一民族(島国)の歴史が長かったため、この感覚は海外に出ないとなかなか身につかないと言われています。

よって海外で日常的に多国籍の方と触れ合ってきた経験は、今後のグローバルキャリアで必要不可欠なものになってきます。

⑤英語(外国語)でコミュニケーションと取る習慣がつく

当然ながら海外の生活では、現地の方や他国から来た外国人の方々と英語(もしくは他の外国語)でコミュニケーションをとることになります。

勿論語学力は高ければ高いほど良いのですが、

TOEICのスコアなどよりも「多国籍の方としっかりコミュニケーションが取れる」という能力がビジネスでは重要視

されます。

この能力を身に着けるために英語の勉強(インプット)だけではダメで、海外生活を通じてどんどんアウトプットする経験が必要不可欠なのです。

よって海外生活を通じて「英語(外国語))でコミュニケーションが取る習慣」を身に着つけることは、帰国後のキャリアで非常に価値あるものになってくるのです。

学生時代にワーホリ・留学で海外に出よう!

以上学生時代にワーホリ・留学に行く5つのメリットについてお伝えさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか?

このように学生時代に経験するワーホリ・留学にはリスクがないだけでなく、これからのグローバル時代を生き抜くために必要な経験を得ることが出来るためにどんどんチャレンジすべきです。

また海外生活はお金がかかりますが、

ワーキングホリデー制度は「現地で生活費を稼ぎながら海外に滞在できる」素晴らしいシステム


である点に改めて注目して頂きたいのです。

よって今まで資金が足りなくて海外留学や渡航をあきらめていた方は、ワーホリを上手に活用すれば海外にチャレンジすることが出来ます。

今回のお話をまとめると・・

社会に出ると色々な制約が出てくるので

学生時代のうちにこそ積極的にワーホリ・留学を通じて海外に出る

ことを改めて強くおススメさせて頂きます!

参考「2020年だからこそ大学生が休学ワーキングホリデーをする理由とは?」(ワールドアベニュー)
https://www.world-avenue.co.jp/type/unistudent/wh

関連記事:人生100年時代に必要な「自立&グローバル力」
https://hirawatari.xsrv.jp/zinsei100nenzidai/

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓

【おススメ求人】はコチラ↓