こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

私は多くの方から転職やキャリアチェンジの相談を受けていますが、意外と多い相談事項の中に「今の会社に入社したばかりなのだが、仕事が合わないため早めに退職・転職をしたい」というものです。

本来は新天地での新しいキャリアのスタートが始まるはずが、一転して暗雲が立ち込めたような気がしてしまうこのようなケースでは一体どうしたら良いのでしょうか?

よって今回は「入社する会社を間違えた!」と感じた時の対処法というテーマについてお話させて頂きます。

「入社する会社を間違えた!」と感じたときはどうしたら良いか?

入社したばかりでその会社・仕事が合わないと感じた時にはとても暗い気持ちになってしまうと思います。

しかしまずこの時点で落ち着いて認識して欲しいことは「就職・転職先を間違えることは普通に良くあることだ」ということです。

実は私自身も大学卒業後の1年間で早くも2回転職して3社に在籍し、20代では6社(5回転職)を渡り歩いた経験を持っています。
よって「入社した会社を間違えた!」という経験はあなたに限った特別なことではない、多くの方が同じ経験をするものだということを理解して頂きたいと思います。

その上でその後どうするか?を冷静に考える必要があります。

現実的なその後の選択肢としては下記の3つが考えられると思います。
①すぐに退職をして、次の転職先を探す
②しばらくは新しい職場で頑張ってみる
③新しい職場での仕事は続けながら、転職先を探す

この後一つずつ見ていきたいと思います。

①すぐに退職をして、次の転職先を探す

現実的にこれは一番避けたいシナリオになります。
勢いで退職してしまい次の転職先が決まらない期間は「キャリアのブランク=遊んでいた期間」という評価を受けてしまいます。

関連記事:【コロナでワーホリが延期になった方へ】キャリアのブランクに注意!

また様々な理由はあるとしても「あまりに短期間での退職」は多くの企業で歓迎されません。
理由は「忍耐力や適応力に問題があり、次の会社でも同じことを繰り返す可能性が高い人材だ」という評価を受けてしまうことにあります。

よって余程の理由(「パワハラがひどい」「法律に触れるようなことをしている」など)がない限りは、転職後すぐに退職する選択肢は避けるようにしたほうが賢明です。

②しばらくは新しい職場で頑張ってみる

こちらも良くあることの1つなのですが
・転職したばかりの時には「間違えた!」と感じた職場でも、その職場に慣れて理解が深まるにつれてその会社の悪い面だけでなく徐々に「良い面が見えてくる」
というケースです。

尚「転職先が合わない」と感じる最も多い理由は、「仕事自体の適性」よりも「人間関係」であることがほとんどです。
そして当然ながらこの「人間関係」を構築出来るまでには多少の時間が必要になります。

よってまずは「しばらくは新しい職場で頑張ってみて、仕事の適性を見極めながら人間関係を良好に築く努力をしてみる」ことを強くおススメさせて頂きます。

その結果新天地が自分にあった職場と感じるようになったら、「転職して正解だった!」という認識に変わることになると思います。

③新しい職場での仕事を続けながら、転職先を探す

②で述べた通り新しい職場である一定期間努力してみたにもかかわらず、明らかに「転職先を失敗した!」と感じるのであれば次の転職先を探しても良いと思います。

但しこの際に気を付けて欲しいのが「次の転職先が決まるまでは今の職場を辞めない」ということです。
理由は先にも述べた通り「キャリアのブランク」を作ることは、次の転職先企業の評価を下げることに繋がる可能性が非常に高いからです。

また次の転職先に対して

「現在の職場を退職する、正当で納得できる理由を明確にする」


こともとても大切になってきます。

そして「現在の職場の退職理由と次の転職先への志望理由がリンクする」(例:「現在の職場では××が出来ないが、次の転職先では××が実現できる」など)ことが出来たらベストですので、この点をしっかり押さえて次の転職先を探すように心がけてみて下さい。

参考記事:在籍期間が短い場合の退職理由・転職理由は?(リクナビNEXT)
https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/10969/

**********************
如何でしたでしょうか?

「転職先を間違えた!」と感じたらまずは一定期間その判断が正しかったか?を吟味した上で、それでも間違っていると感じたら次の転職を探して良いと思います。

但し短期に転職を繰り返すと、基本的にはどんどんキャリアダウンにつながってしまうリスクがあることを念頭に入れておいて欲しいと思います。

また転職回数が増えてしまう方はそもそも「会社勤めという働き方が合わない」ことが原因の場合も多く、その場合は「自分で独立・起業をしたほうが成功する」というケースが多いこともこの場で指摘しておきたいです。(実際私自身がこのタイプだと思います・・)

関連記事:ワーホリから帰国後の就職・進路には4つの選択肢がある
https://hirawatari.xsrv.jp/kikokugo-kigyouwomezasu/

いずれにしても転職も独立・起業も自己責任ですので、ご自身のキャリアに責任を持った行動をしていくように心がけていきましょう!

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)