こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

海外就業経験のあるワーホリ・留学経験者の方の多くが、帰国後の就職に際して「英語を使う仕事をしたい」という希望を持っています。
私は沢山の「英語を使うお仕事希望」の方とお会いさせて頂きましたが、残念ながら英語力の前に「国語力」をもっと向上させたほうが良いと感じる方が多くいらっしゃいます。

企業に勤めたり社会に出て仕事をする上で、英語力よりも大切なのは「国語力」になります。
よって今回は「英語力の前にしっかり身につけたい【国語力】」というテーマについてお話させて頂きます。

キャリアで必要なのは英語力の前に「国語力」

企業が若い皆さんに求めているのは英語力(外国語能力)の前に、基本的なスキルである「理解力」「表現力」「説得力」などに直結する「国語力」であることは十分理解頂いていると思います。

しかし企業の経営者や採用担当者の方から、最近の若い方はこの「国語力が低下している」という話をよく聞くのです。

実際に「最近の日本人の国語力の低下」を指摘する専門家の方も多くいらっしゃゃるので、このテーマは少し真剣に捉えた方が良いと感じています。

※参考:【前編】いま、日本人の国語力が危ない!齋藤孝の教育提言(到知出版社)
https://www.chichi.co.jp/web/20180315saitoutakashi/#

※参考:日本人の国語力の低下を憂う(JAPAN・日本SIQ協会)
http://www.siq-net.com/column/917

 

それでは一体何故「国語力」が企業で仕事をしていく上で必要になるのでしょうか?
改めてその理由について確認していきたいと思います。

 

①理解力を向上させるため

1つは「理解力」を向上させるためです。
ビジネスでは会議や通達やメールなどを通じて、実に沢山のことを理解しながら物事を進めて行く必要があります。

ここで理解力が不足していると
・いちいち質問ばかりすることになり上司や同僚に迷惑をかけてしまう
・理解力が足りないため、会社や上司が求めることと違う仕事をしてしまう
・お客様から信頼を得ることが出来ない
というような状況に陥ってしまいます。

よってまずは「理解力を向上する」ために国語力をしっかり身につける必要があります。

 

②説明能力を向上させるため

ビジネスにおいて「説明能力」はとても大切です。

具体的には
・自分の意見を相手に分かりやすく伝えること
・複雑なことを分かりやすく説明できること
・お客様に自社の商品やサービスなどを魅力的に説明が出来るようになること
etc・・

仕事における表現力の重要性は挙げたらきりがないほど沢山あります。

また「企画の仕事をしたい」という方が多いのですが、この企画の仕事こそまさに「表現力」が問われる典型的なお仕事と言えます。

よって「表現力を向上させる」ために、しっかり国語力を身につける必要があることをご理解下さい。

 

③表現力を向上させるため

「仕事が出来るな」と感じる人が持っている方々がもつ能力の1つが「表現力」です。
この表現力は「語彙力」と比例していると言っても良いと思います。

語彙力があることにより、同じ表現でも相手により分かりやすくまた魅力的に伝えることが出来るようになります。
これは英語や他の外国語でも一緒ですよね?

また人の心を動かすためには多彩な表現力(語彙力)が求められます。

先程の「理解力」や「説明能力」という基礎的な能力に加えて「表現力を向上することが」あなたのキャリアアップに大きくつながることを是非理解して頂きたいと思います。

 

大人が「国語力」を向上させるためにやるべき3つのこと

それではこの「国語力」を向上させるためには具体的に何をしたら良いのでしょうか?
「大人が国語力を向上させるためにやるべき3つのこと」についてお伝えさせて頂きます。

 

①読書をする

一番オーソドックスな方法は何といっても「読書をする」ことです。

大人になると本を読む時間が減ってしまう方が多いと思いますが、論理的思考能力や語彙力を維持・向上させるためにもまずは短時間からでも読書をする習慣を身につけたいところです。

読書は表現力や理解力の向上につながるだけでなく、「教養」も身につくのでビジネスで役に立つことが多くなります。

読書のジャンルは様々だと思いますが、まずはあなたの興味があるものからで良いので読書をする習慣を始めて頂きたいと思います。

 

②文章を書く

読書と共にこの機会に是非身につけて頂きたいのが「文章を書く」習慣です。

現代は必要な説明文章は検索してコピペで済ませてしまうことが多いと思います。
また文章は主にSNSを活用してカジュアルなものしか書かないという方も多いのではないでしょうか。

私がおススメする文章力アップの習慣は「ブログを書くこと」です。

ブログは誰が見ているか分からないので、それなりにしっかりした文章を書く必要があります。
またあなたの想いや考え方を第三者に伝えることになるので、表現力や語彙力が向上していくことにもつながります。

よって少しずつでも良いので文章を書く、どうしたら良いか分からない方は「ブログを書く」ことから始めては如何でしょうか?

 

③人前で話す機会を増やす

もう1つのおススメは「人前で話す機会を増やすこと」です。
「会議で積極的に発言するようにする」とか「何かのチームリーダーを買ってでる」など、出来るところから良いので
人前でどんどん話す機会を増やすようにしてみて下さい。

始めは上手く伝えることが出来なくても、毎回反省をしながら話し方を改善していくことにより確実に人に伝える「表現力」が向上していきます。

また人前で話すことが出来る方は、リーダーに抜擢されやすいので昇進の可能性も上がりチャンスが増えることにもつながります。

最近はご自身の「Youtube」チャンネルを開設する方も多いので、この機会に「Youtubeデビュー」をするのも良いかもしれませんね!

*****************

如何でしたでしょうか?
今回は「英語力より重要な国語力」というテーマで皆様にお伝えさせて頂きました。

英語や外国語はあくまで手段です。

企業が見ているのは英語力の前に基礎的な「国語力(日本語力」である

ということを改めて確認した上で、あなたのキャリアの実現に向けて頑張って頂きたいと思います!

 

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)