こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

ワーホリ・留学から帰国していざ就職活動を始めるにあたり、皆さんはどのように求人を探しているでしょうか?
帰国後の皆さんの就職活動の状況を聞いているとこの求人探しの方法は人それぞれですが、大きく分けて6つの方法があります。

よって今回は改めて帰国後の就職活動における「求人探しの6つの方法」について、おさらいの意味も含めて皆様にお伝えさせて頂きたいと思います。

帰国後の就職活動における求人探しの6つの方法

①求人サイト(就職情報サイト)の活用

多くの方がこの「求人(就職情報)サイト」を活用して求人探しをしていると思います。
メジャーのものは「リクナビ」や「マイナビ」ですが、最近は沢山の就職情報サイトがあり例えばワーホリ経験者の方には日本ワーキングホリデー協会が運営している「JobBoard」などがおススメです。

※JobBoard(日本ワーキングホリデー協会のお仕事掲示板)
http://www.job-board.info/

その他にも業種やあるテーマに特化した求人サイトが沢山あるので、あなたが希望する求人を扱っているサイトを探して上手に活用してみて下さい。

②ハローワーク(公共職業安定所)の活用

先程の民間の求人サイトを活用する方は多いと思いますが、ハローワークを活用する方は意外に少ないように思います。
ハローワーク活用のメリットの1つはその地域に根差した求人が多数あることで、地元で働きたい方はハローワークの活用も是非考えてみて下さい。

③就職エージェント/キャリアカウンセラーの活用

私達のような就職エージェントやキャリアカウンセラーを使う最大のメリットは、求職者の皆さんに適した求人を選んで提案してもらえるだけでなく、どのような形で企業へアプローチしたら良いか?などについて具体的なアドバイスをもらうことが出来ることです。(履歴書の書き方や志望動機のまとめ方など)

そしてキャリカウンセラーはあなた(求職者)の魅力を最大限に引き出す形での「推薦状」を書いて、企業に求職者の皆様を強く売り込みことが出来ます。

よって就職エージェントやキャリアカウンセラーに相談すると

直接応募をするよりも書類選考が通りやすくなるケースが多い

のです!

特に私たちは「ワーホリ・留学経験者に特化した」就職エージェント/キャリアカウンセリング(ワーホリキャリア.com)を行っているので、海外渡航経験者の求職者方の企業へのPRを得意としています。

※ワーホリキャリア.com

基本的にほとんどの就職エージェントやキャリアカウンセラーは無料で利用できますので、是非良いエージェントやカウンセラーを見つけてあなたの就職活動を有利に進めていって下さい。

④企業のHPの「採用ページ」を通じて直接応募をする

多くの企業では自社のHPに「採用(人材募集)ページ」を持っており、直接の応募を受け付けているケースが多いです。
よって明確に行きたい企業が決まっている方は直接企業の採用ページから応募する方法もあります。

また求人サイト経由でも就職エージェント経由でも求人が出ていない企業の場合、直接企業のHPから応募して選考に進めるケースが少なからずあります。

理由は企業の中途採用の場合は「欠員補充」の場合がケースが多く、一般募集はしていないのだけれども退職候補者が出たタイミングであなたが選考対象になる可能性があるからです。

意外と直接アプローチをする求職者の方が少ないため、この直接応募する方法は是非知っておいて頂きたいと思います。

⑤知人の紹介ルートの活用

このやり方はシンプルですが、非常に強力な方法の1つであると言えます。
理由は企業は常に「本当に良い方がいたら求人枠に限らず採用したい」というニーズがあり、この「本当に良い方」は面接だけでは見抜けないため信用できる第三者の推薦があると企業としても選考がしやすくなるからです。

この知人の紹介ルートは一般募集をしていない場合でも有効なことが多いので、周囲の方にあなたの希望するお仕事をお伝えしてお知り合いの良い会社があれば紹介を頂けるように働きかけてみて下さい。

⑥以前の職場に復帰する

これは前職を円満退社していることが前提ですが、会社とあなたの間に信頼関係があるのであれば前職の職場に復帰するのも非常に有効な再就職の方法だと感じております。

前職の会社から見ると、あなたが退職前に備えていたスキルや経験に「海外渡航の新たな経験」が加わって以前よりもパワーアップしたという評価をして頂けるかもしれません。

過去私が接してきた方も何人か以前の職場に復帰して活躍していますので、この「以前の職場に復帰する」という選択肢も是非検討してみて頂きたいと思います。

****************
如何でしたでしょうか?

どれも当たり前の求人探索の方法かもしれませんが、意外とこの6つの方法をすべて活用している方は少ないと思います。

現在コロナ禍で厳しい求人状況が続いていますが、使えるものはすべてフル活用して是非あなたの希望のキャリアを掴んで下さい!

関連記事:キャリア不足&転職回数が多くて就職が決まらない方への処方箋

関連記事:帰国後の就職活動で内定がもらえない方が持つ3つの共通点

 

 

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)