こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

ワーホリ・留学から帰国して就職活動をする際に「英語力(語学力)を活かした仕事をしたい」と希望される方は多いと思います。

しかし実際の就職活動では「英語力をPRして企業からマイナス評価を受けてしまうケースが多い」ことをご存知でしょうか?

この英語力のPRのやり方次第では、折角海外で良い経験を積んでいても就職活動に不利になりかねません。

よって今回は採用企業の目から見た「英語力(語学力)のPRの仕方の注意点」についてお話させて頂きます。

海外で身につけた英語力をどのように企業にPRしたら良いのか?

帰国された多くの方は「海外で身に着けた語学力を活かした仕事をしたい」と言いますが、企業側は求職者の方の「英語力」をどのように計測しているのでしょうか?

これは現時点では圧倒的に「TOEICスコア」であると言って良いと思います。

語学力が求めらる求人票の多くは応募資格に「TOEIC●●点以上」という記載がされています。

またその他であれば「英語ビジネスクラス」「英語ネイティブクラス」という条件提示が多いのですが、ほとんどの求人条件はTOEICのスコアとの併記される場合が多いのです。

それではこのTOEICのスコアは何点以上であれば良いのでしょうか?

それは各々の求人毎に「TOEIC●●点以上」と記載されているので応募求人にごとに判断して頂きたいのですが、一般的に英語力があるという目安は「TOEIC800点以上、最低でも700点以上」と言えると思います。

また私が扱ってきた「英語力歓迎」求人の中でも、一番低いレベルで求められるTOEICスコアがおおよそ「600点以上」になります。

従って私の経験から企業が求職者の方に求めるTOEICスコアをお伝えすると
●TOEIC800点以上=英語ビジネスレベル
●TOEIC600点以上=英語日常会話レベル
このようになると思います。(あくまで目安です。)

実際に各企業が就職活動で求めるTOEICスコアが下記に記載されています。

社内公用語が英語で有名な楽天はTOEIC800点以上、日産の新卒採用がTOEIC730点以上、野村ホールディングスのグローバル型社員は860点以上、中には900点以上が求められる求人も沢山あります。

参考:就職活動でTOEICのスコアは重要?各企業で必要な点数は何点?(サウスピーク)
https://souspeak.jp/blog/toeic-syukatsu2015/

参考:【楽天に転職】TOEIC800点レベルのすごさと評価?難易度と勉強法。(カズエイゴ)
https://kazueigo.com/toeic800otoku/

これは「大手企業の基準だから中小・ベンチャー企業は関係ない」と思う方がいるかもしれませんが、実態は逆です。

中小・ベンチャー企業こそ「即戦力」を求めているため、求められる語学力は実践的でシビアになる傾向が強いのです。

よって英語力を武器としてPRしたい方は「TOEICスコア800以上」を取得することを強くおススメします。

またTOEIC600点に満たないスコアしかない方は、現時点では履歴書に記載せずに英語の勉強を続けて600点を超えてから記載した方が良いと思います。

またこの機会によく考えて頂きたいのが

「英語力」で勝負をする場合、ライバルは日本人だけでなく英語ネイティブの方を含めた世界中の方になる

ということです。

英語ネイティブの方に英語力で勝つのは余程の英語力がないと至難の業ですよね?

英語力を活かしたキャリアを積むにはどうしたら良いのか?

これまでお伝えした通り、企業の判断基準を理解しないまま半端な英語力をPRするとかえってマイナス評価につながりかねません。

一番悪いケースは「1年も海外に行っていたのに語学力が身につかなかったのは遊んでいたからだろう」と海外渡航経験自体がマイナスに取られてしまうことです。

それでは皆さんの就職・転職活動を有利にするには一体どうしたら良いのでしょうか?

この答えは非常に基本的なことかもしれませんが

「(英語力以外で)自信があるスキルや経験で戦う」

ことに尽きると思います。

あくまで英語力(語学力)はコミュニケーションの手段です。
従って「明確なスキル」をしっかりつくることのほうが英語力を身につけることより重要です。

まずは「仕事に活かせるスキル」があって、そのスキルを活かすために「英語力」があるのでこの順番を間違えてはいけません。

そしてこの「明確なスキル」は国内外で働いてきたキャリアからしか証明することが出来ませんので、今後の仕事を通じてより高度なキャリアを身につけていく必要があります。

よって英語力が半端で、明確なスキルがない方におススメしているのは
「一旦英語力を活かせる仕事に就くことは忘れて、将来自分が身に着けたい明確なスキル・経験がつめる企業に就職する」と同時に「TOEIC800点以上のスコアを取れるように今後も英語の勉強を続けること」です。

要するに

まず明確なスキルを身に着けて、そのスキルに語学力が付加されたら本当に英語力を活かした仕事で活躍できるようになる

ということです。

折角の海外経験を活かせるためには、帰国後も高い意識をして努力を続けることが重要です。

語学力のライバルは世界中にいることを忘れずに、引き続き自身のキャリアアップを実現するために、そして「本当の意味で英語力を活かせるキャリア就けるように」頑張って頂きたいと思います。

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)