こんにちは!
ワーホリ・留学経験者のキャリアサポート「ワーホリキャリア.com」代表の平渡です。

「帰国後の就職で武器になる海外経験」シリーズ、2回目の前回は「多国籍のお客様に接客・販売した経験」についてお話させて頂きました。

今回は同じく「帰国後の就職で武器になる海外経験」の3番目になる「海外から見た日本の魅力を再発見した経験」についてご紹介させて頂きたいと思います。

帰国後の就職で武器になる海外経験③~日本の魅力の再発見~

帰国後の就職で武器になる海外経験の3番目に挙げさせて頂くのが、「海外から見た日本の魅力の再発見」です。

日本には素晴らしい魅力が沢山ありますが、「灯台下暗し」という言葉があるように日本国内にいるときには意外とその魅力に気づかないものです。

一方で一度海外に出て外から日本を見ることにより「日本の多くの魅力に気が付いた」という経験をお持ちの方は多いと思います。

この「海外から見た日本の魅力の再発見をした経験」は多くの日本の企業にとって非常に魅力的なものになる可能性が高いのです。

理由は「これから多くの日本企業が日本の商品・サービスを多国籍な海外の方に売っていく必要があるから」という点にあります。

前回もお伝えした通り、日本人は海外の方にモノやサービスを売るのが苦手だという指摘が沢山あります。

また急拡大するインバウンドマーケットにおいても

「日本のおもてなし」を通じて外国人の方に喜んで頂くつもりが、相手への理解不足により「おもてなし」がかえって外国人の方々に悪印象になってしまった

ということがあちこちで起きてしまっているというとても残念な現実があります。

一体どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

その答えはシンプルに「海外の方から見た日本の魅力は具体的にどのようなものなのか?」をしっかり把握できている人材がとても少ないことにあると思うのです。

「日本の地方の魅力」を理解して外国人の方々にその魅力をPRする


特にインバウンドを通じて地方創生を成し遂げたい方々は、地元の方々の独りよがりではなく「その地域が持つ具体的に何が外国人にとって魅力的なのか?」をしっかり理解してインバウンド対策に取り組む必要があります。

そしてこの「地方の具体的な魅力」を発見するために何よりも効果的な方法が「海外に出て、現地の方から見た日本の魅力を知る」ことだと思うのです。

実際に海外の方からみて「日本の地方には多彩な魅力がある」という嬉しいデータがあります。

ジャパンブランド調査2019によると
●「日本には独自の文化を持つ地方が存在すると思う」と回答した方が78.7%
●「日本の地方に行ってみたい」と回答した方が83.4%
となっています。

参考:日本の地方は魅力的?~高まる日本の地方への関心~(JAPANブランド調査2019/電通報)

これはとても嬉しいことですよね!

そして地方創生に力を入れたい方は、チャンスを見逃すのは大変勿体ないと思いませんか?

このように日本の地方に興味を持って頂いている外国人の方々は沢山存在しています。

ではこのような方々に実際にその地域に来て頂くためには一体どうしたら良いのでしょうか?

一つの有効な答えは

「海外に一定期間滞在し、海外からみた日本の魅力を理解した人材を登用する」

ということになると思います。

このような人材は日本の魅力を理解できるだけでなく、「その魅力をどのような形で外国人の方々に伝えたら良いか?」を海外でリアルに経験している方が多いと思います。

 

そして上記の条件に該当する方は一体誰になるのか?と言えば、

海外で多国籍の方々と接してきた経験&海外から見た日本の魅力を再発見したワーホリ・留学経験者のみなさん

になる訳です!

このように海外から見た日本の魅力が理解できる方は、グローバル展開&インバウンドの強化を進める企業から非常に重宝されることは間違いありません。

但しそのためにはアンテナを高く立てて意識して日本の魅力を再発見するように努めないと、折角の海外経験がボンヤリしたもので終わってしまいます。

よってワーホリ・留学経験を通じて「海外から見た日本の魅力を再発見できる!」という貴重な経験・武器を最大限活かして、帰国後の就職活動を成功に導いて頂きたいと思います!

※関連記事:帰国後の就職で武器になる海外経験②~多国籍顧客に接客する~

「海外経験を活かして夢をかなえる!」平渡淳...
1970.01.01
「海外経験を活かして夢をかなえる!」平渡淳一公式ブログ
https://hirawatari.xsrv.jp/wp-admin/post.php?post=1489&action=edit
~ワーホリ・留学経験を活かして帰国後の就職・起業を成功させるブログ!~

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)