こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

以前このブログで「帰国後の就職で企業が評価する3つの海外経験」について紹介させて頂きました。


関連記事:帰国後の就職で企業が評価する「海外経験」とは?

この記事は総論的なアドバイスでしたが、その後「帰国後の就職で役立つ海外経験」についてもっと具体的で詳しい内容を知りたいというご意見をいくつか頂きました。

よって今回は「帰国後の就職で大きな武器になる海外経験」を個別にピックアップして、各テーマ毎により詳しいアドバイスをさせて頂きたいと思います。

帰国後の就職で武器となる「海外経験①」~多国籍チームマネジメント~

私が帰国後の就職で大きな武器になる海外経験の筆頭に挙げるのが、「多国籍の方々とチームを組んで働いた経験」です。

理由は多くの日本企業では急速に進む少子高齢化の影響を受けて「外国人従業の採用を増やしている」のですが、この多国籍な外国人チーム作り(マネジメント)が上手くいかずにトラブルが頻発しているという大きな課題が存在していることにあります。

そしてこの「外国人マネジメント」が上手く機能していない最大の理由の1つに、「外国人をマネジメントが出来るマネージャー(上司)不足」が挙げられているのです。

参考:外国人部下を持つ日本人上司の意識・実態調査(パーソル総合研究所)

上記の通り人材採用支援大手のパーソル総合研究所は「外国人部下を持つ日本人上司の意識・実態調査」を行いました。

この調査レポートによると
●30.0%の方が「外国人受け入れノウハウがなく、手探りの状態」と回答
●20.0%の方が「外国人材のマネジメントは自分には荷が重いと思う」と回答
●34.3%の方が「上司自身のストレス度も高い」と回答
という結果が出ており、その結果「上司自身の離職リスクが高まっている」という非常に危うい状況までもが浮き彫りになってきています。

一体何故このような結果になってしまっているでしょうか?
日本人上司は外国人部下のマネジメントをしたくないでしょうか?

いや、決してそんなことはないと思います。

このような結果を招いている理由は非常にシンプルで

「多国籍な外国人の方々とチームを組んで働いた経験がある日本人上司が圧倒的に不足している」

というのが答えになると思います。

その結果日本人上司はやる気はあるのだけれども「多国籍の方との接し方が分からないので、このような結果につながってしまった」というのが現実的な解釈になると思います。

よってこの課題を解決するための有効な方法の1つは、シンプルに「海外で多国籍の方々と働いた経験がある方を外国人部下の上司に抜擢する」というものです。

これは具体的に誰になるのか?と言えば・・
細かい説明をしなくても分かって頂けると思いますが、

海外で多国籍の方々と働いたり生活した経験があるワーホリ・留学経験者の皆様

になる訳ですね!

ちなみに外国人材を受け入れる際に、受け入れショック(ネガティブな想定外)を感じる項目についての調査結果は
1位:自己主張が強かった 45.1%
2位:昇給の要求が強かった 39.6%
3位:仕事内容に対するこだわりが強く、指示したことをやらないこともしばしばある 37.9%
となっていました。

上記の外国人受け入れショックを感じるトップ3は確かに外国人の方によくみられる傾向です。
しかしこれらはマイナス要因(=欠点)とも言えますが、見方を変えたらプラス要因(=長所)に転換できる可能性も高い性質のものなのです。

例えば
●自己主張の強さ=意見や提案がどんどん出るので相手に対する理解が深まり、事業改善のためのフィードバックをもらいやすい。
●昇給への要求が強い=頑張った分は給与があがるインセンティブ制を導入することにより、より高いパフォーマンスが期待できる。
など

例えばここで外国人の接し方に慣れている上司であれば、外国人の部下の方が持っている特性をマイナスポイントにするのではなく、プラスの力に転換することが可能になると思うのです。

参考:外国人が嫌う日本のマネジメントとは(パーソル総合研究所)
https://rc.persol-group.co.jp/column-report/202007090001.html

このように海外経験で大きな武器になる筆頭は「多国籍な外国人のマネジメント」が出来ることにあり、このような人材は企業から引っ張りだこであると言っても良いと思います。

ワーホリ・留学経験者の方々にはここが大きなチャンスになると思いますので、この点を強く意識して帰国後の就職を成功させて頂きたいと思います!

関連記事:帰国後の就職活動でPRしてはいけない3つのポイント

 

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)