こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

ワーホリや留学を終えて海外から帰国した多くの方から

●「日本と比較して、海外の方は生活や家族を大切にする価値観を持っており刺激を受けた」

という話をよく聞きます。

この流れから「帰国後の就職では生活と仕事のバランスをとれる職場や仕事を選択をしたい」という考えを持っている方がとても多いと感じています。

いやゆる「ワークライフバランス」のことだと思いますが、このテーマについて考える時に少し気を付けて頂きたいとことがあります。

よって今回はワーホリ後の就職で考えたい「ワークライフバランス」といテーマについてお話をさせて頂きたいと思います。

「ワークライフバランス」とは何か?

そもそもこの「ワークライフバランス」とは具体的にどのような意味なのでしょうか?

一言でいえば「仕事と生活のバランス・調和」のことで、「仕事も生活もどちらも充実させる生き方・働き方」のことだと言ってよいと思います。

参考:ワークライフバランスとは?誤解されがちな定義と取り組む事例を解説(ボーグル)
https://bowgl.com/work-life-balance-is/

この考え方は非常に大切で、昔と比較すると従業員のために「ライフワークバランス」について配慮する企業も大分増えてきたと思います。

例えば「育児休暇制度」や「介護休暇制度」に始まり、「短時間労働」や「フレックスタイム制度の導入」、最近では「テレワークの積極導入」や「福利厚生制度の充実」などもこの「ライフワークバランス」に配慮した取り組みであると言えます。

実際にこのような取り組みをしている企業は「従業員を大切にする企業」として高い評価を受けるケースが多いです。

但し誤解をして頂きたくないのは「仕事の時間が減るから生活の質が上がる」とか「仕事の時間が増えるから生活の質が下がる」というように、

「ライフワークバランス」とは「仕事」か「生活」のどちらか一方の時間の増減が、一方の質に影響する性質のものではない

ということです。

要するに「休日が多い」とか「残業が少ない」仕事に就くこと=生活の質が上がることではないということです。

それよりも大切なことは「仕事が充実するからこそ、生活も充実してお互い良い相乗効果が生まれる」という両者が充実した姿を目指すことが本来の「ワークライフバランス」が目指す姿であることをしっかりと認識しておく必要があります。

よってまず大切なことは「自分がやりたい仕事に就いて、仕事を充実させること」であり、私達がキャリアカウンセリングに力を入れている目的は「自分にマッチする仕事に出会うことにより、皆さんの生活と人生を豊かにする(ライフワークバランスが実現する)お手伝い」であると言えます。

よってこの点を気を付けないと、「労働時間が少ない企業や仕事=生活の質を高める企業や仕事」という本来の趣旨と違う解釈や決断をしかねないので十分注意をして下さい。

「仕事の質と満足度」が高まるからこそ「生活(プライベート)」が充実する

上記のように「労働時間が少ない仕事=生活が豊かになる」という考え方の根底には

●仕事=義務感でやるもので、苦痛を伴うもの

●生活(プライベート)=義務がなく自由で、楽しいもの

という価値観があるように思います。

よって「仕事を選ぶか?」「生活(プライベート)を選ぶか?」という究極の2者選択になりがちなのですが、ベストな選択は仕事と生活を両立させて両方の質を高めていくことを目指すべきものです。

そもそも本来仕事とは「お客様やチームメンバーのお役に立つことで社会とつながっていく」行為で、自己実現や自己成長につながるとても楽しい性質のものなのです。

しかし海外と比較すると日本では「仕事=義務感・苦痛=我慢」というイメージが強いのは否めないかもしれません・・

実際は逆で

仕事に打ち込み仕事が充実すればするほど、生活(プライベート)の質が上がっていく

というのが本来の「ワークライフバランス」の意味であり、また目指すべき姿であると思います。

特にワーホリ・留学から帰国した皆さんの多くは20~30代前半だと思いますので、まだ明確なキャリアや強みを持っている方は少ないと思います。

よってこれから充実した生活や人生を送るためには、

●「今は仕事にしっかり打ち込み、自分のスキルを上げて仕事の質を高めることこそがライフワークバランスの向上につながる」

ということを強く意識して頂きたいです。

よって

●「やりたい仕事に就くこと」

●「自身のキャリアアップを実現すること」

●「仕事で自己実現を果たすこと」

こそが生活の質を上げることにつながり、その結果として「ライフワークバランス」を大きく向上させることにつながるのでこの点をしっかり抑えた上で帰国後の就職活動に励んで頂きたいと思います。

****************************

如何でしたでしょうか?

今回は誤解されがちな「ライフワークバランス」についてお話させて頂きました。

尚私個人的には今後ライフワークバランスの向上を目指す多くの方が「独立・起業」を目指す時代になっていくと思います。

関連記事:人生100年時代はすべての人が「起業」をする時代

これからも海外経験を積んだ皆さんの仕事と生活の質を高めるために、様々なサポートをさせて頂きますので引き続きよろしくお願い致します!

関連記事:ワーホリを通じて人生をリフレッシュする際の注意点

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)