こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

前回は「起業を実現するためにどうしたら良いか?」というテーマのうち「起業家になるために身につけたい3つの習慣」についてお話させて頂きました。

今回は同じテーマのうち「ビジネスモデル構築に必要な6つのチェックポイント」についてご紹介させて頂きます。

ビジネスモデル構築に必要な6つのチェックポイント

このテーマは私が行っている「起業塾」の内容ですので、詳細を説明するとかなり長くなってしまいます。
よって今回は大切な2つのポイントに絞ってご紹介させて頂きたいと思います。

私が開催する「起業塾」では「ビジネスモデル構築に必要な6つのチェックポイント」として下記を挙げさせて頂いております。

■自分軸
①自分が本当にやりたいことであるか?(経営理念とのリンク)
②自分の適性に合っているか?(自分の才能とのリンク)

■マーケット軸
③市場は成長しているか?
④想定顧客(市場)の課題を具体的に解決出来るものか?
⑤自社の商品・サービスは、先行する競合他社の商品・サービスの問題点を解決できるものか?
⑥競合他社と比較した明確な優位性はあるか?

今回は「起業を実現するためにはどうしたら良いか?」というテーマのまとめとして、特に自分軸にあたる①と②をしっかり抑えて頂きたいと思います。

①自分が本当にやりたいことであるか?(=経営理念とのリンク)について

起業をすると次々とつらいことや厳しい現実に遭遇します。そして事業が立ち上がるまでには相応の時間がかかるため、「取り組んだ事業を絶対にカタチにしたい!」という強い想いがないと事業を継続していくこと自体が難しくなります。

よって「本当にやりたいことに取りくむ」ということが本当に重要で、また心から本当にやりたいことは周囲の方々にも伝わるので応援してくれる方を作りやすくなります。

この①はビジネスモデル構築の基本中の基本になりますので、まずはこの点をしっかり抑えて頂きたいと思います。

関連記事:起業を実現するためにはどうしたら良いか?①~実現したい想い~

②自分の適性にあっているか?(自分の才能とのリンク)

起業をすると先行する競合他社と戦っていく必要があります。
また起業した際には競合が少なくても、成長可能性があるビジネスモデルは後から競合他社が新規参入してくる可能性が非常に高いです。

その際にあなたの事業の強みを発揮するのに一番効果的な方法は「あなたの適性を最大限に活かしたビジネスモデルを作る」ことになります。

一般的には企業のコア・コンピタンス(他社にない自社独自の強み)と言われますが、まさに

起業した時のコア・コンピタンス=起業家自身

であることがほとんどです。

よってビジネスモデルを構築する際は必ず「起業家の適性に合っているか?」をしっかり検証するようにすることがとても重要になります。

参考:コアコンピタンスとは?定義と見極めポイント(あしたの人事)
https://www.ashita-team.com/jinji-online/category1/9358

関連記事:起業を実現するためにはどうしたら良いか?②~起業のテーマ~

 

今回特にお伝えしたかったのは「ビジネスモデル構築に必要な6つのチェックポイント」のうち自分軸にあたる①と②についてなのですが、「マーケット軸にあたる③~⑥」についても簡単に触れさせて頂きます。

③=拡大している市場をターゲットにしたビジネスモデルを構築する
④=ターゲット顧客を明確にして、その「顧客の課題を具体的に解決できること」が明確なビジネスモデルを構築する
⑤=先行する競合他社の商品・サービスの課題を見つけ、「その課題を解決できるビジネスモデル」を構築する
⑥=①~⑤をトータルして、競合他社との明確な優位性(参入障壁)を構築したビジネスモデルを構築する

この③~⑥もとても大切ですが、より重要なのが自分軸にあたる①と②であることを付け加えさせて頂きます。

*****************
如何でしたでしょうか?

今回は特にお伝えしたかったのは「自分の想い」と「自分の強み」をしっかり盛り込んだビジネスモデルを構築する重要性についてです。

これからの人生100年時代は会社に依存せず、多くの方が自立を目指す時代に突入します。
ワーホリ・留学から帰国後の進路の選択肢として「就職」以外に「起業」を目指す方は是非今回の内容を参考にしてみて下さい!

関連記事:人生100年時代の働き方~キーワードは「自立」&「グローバル」~

 

関連記事:起業を実現するためにはどうしたら良いか?③~3つの習慣~

 

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)