こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

ワーキングホリデー制度を活用して海外に渡航する方の目的は人それぞれだと思います。
観光や旅行をメインに考える方、学校に行って勉強をする方、そして現地で働きたい方もとても多いと思います。

そして滞在期間が限られているワーホリや留学で海外に行った後に、海外の現地で就職したい方も多いですよね。

よって今回は数あるワーホリの目的の中でも「海外での就職」にフォーカスして、「海外で働きたいワーホリの方への3つのアドバイス!」というテーマでお話させて頂きたいと思います。

海外でバッチリ働きたいワーホリの方への3つのアドバイス!

私はオーストラリアやカナダなど海外のビジネスオーナーとのお付き合いが沢山ありますが、私のようなキャリアカウンセラー(転職エージェント)に「紹介料を払ってでも欲しい人材」は非常に限られています。

よって今回は海外のビジネスオーナーが「紹介料を払ってでも欲しい人材の資質」を3つに絞りご紹介させて頂きます。

①責任感と適応力がある方

まず一番初めに挙げさせていただくのがこの「責任感がある方」です。
海外での仕事の仕方は日本と大きく異なることもあり、日本との違いに慣れないとすぐに辞めてしまうワーホリの方が多いという話を沢山のオーナーさん達から伺っています。(すぐに辞める理由の一つは「海外の環境に適応できないこと」にあるそうです。)

非常に基本的なことなのですが、まずは「仕事に責任感を持って取り組める方」、そしてはじめは海外の環境に不慣れでも「日本と違う環境に適応できる方」が大きな条件になってきます。

②日本で必要なスキル・経験を積んできた方

ワーホリと言えども現地で就職してお給料をもらう以上、それなりのスキルや経験が求められます。
例えば海外のレストランで接客の仕事に就きたいのであれば「日本での接客経験」、人気があるバリスタとして働きたいのであれば「日本のカフェでの勤務経験」などが必要です。

特に将来海外で就労ビザの取得を目指す方は、日本での就業経験が非常に重要になってくるのでこの点をしっかり意識しておくことと強くおススメ致します。

③最低限の実践的英語力

現地で良い仕事をするために必要とされるのが「最低限の実践的な語学力」です。
現地のオーナーさん達から良く指摘を受けるのが「全く英語(外国語)が出来ない状態で就職のオファーをしてくる方が多くて困っている」ということです。

当然ながら海外でのお仕事ではお客様やスタッフ達とのコミュニケーションは基本的に英語になるため、「全く英語が出来ない」状態では仕事に大きな支障をきたしてしまいます。

よって英語が全く出来ない方は、日本で最低限の英語を勉強してから海外に渡航するよう心掛るようにして下さい。

関連記事:ワーホリを通じた語学力アップのために・・渡航前にやるべきこと!

**************

如何でしたでしょうか?
基本的には外国人の方が日本で働く場合も上記のアドバイスの通り
・責任感
・仕事に必要な経験
・最低限の実践的な日本語能力
が必要になりますよね?

これは日本人が海外で働くケースでも全く同じです。

海外でそれなりの仕事をするためには、出発前に日本で最低限の資質を整えておく必要性をご理解頂けたでしょうか?

ワーホリは上手に使えば必ず皆さんのスキルや経験値の向上につながりますので、今回の3つのアドバイスを参考に海外の仕事に励んで頂きたいと思います!

関連記事:オーストラリア・カナダで働くワーホリの方への3つのアドバイス!

 

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)