こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

前回は一般社団法人日本ワーキングホリデー協会が提唱する「ワーキングホリデー後の就職についてのガイドライン」について紹介させて頂きました。

今回は一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が厚生労働省から委託事業として行った「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業(Global Ace)」を通じて「海外体験を活かしたキャリア形成事例」というものを発表しているので、この内容を皆様に紹介させて頂きたいと思います。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)とGlobal Ace事業について

まずは一般社団法人海外留学協議会(JAOS)とGlobalAce事業について簡単に紹介させて頂きます。

【一般社団法人海外留学協議会(JAOS)とは】

世界規模の留学事業者団体FELCAに日本で唯一加盟している留学業界団体が一般社団法人海外留学協議会JAOSです。海外留学に関する情報提供、文科省との取り組み、会員団体の紹介等。日本人が安心できる留学環境の実現を目指します。

※一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
https://www.jaos.or.jp/

 

【 Global  ACEとは 】

海外体験を生かしたキャリア形成を目指す皆さまを渡航前から帰国後まで一貫してサポートするプログラムのことです。

プログラム名は「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」ですが、通称Global ACE(Global Action forCareers and Employability)と呼ばれており2013~2016年に一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が厚生労働省から委託を受けてこの事業を行いました。

※勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業(厚生労働省委託事業)https://judgit.net/projects/478

※サポート内容は下記の通りです。
1)渡航前
・対面コーチングを通じて能力開発計画の作成
・渡航動機や認識、自己分析

2)渡航中
・能力開発の進捗確認(月1回)

3)帰国後
・対面コーチングを通じて海外体験シートの作成
・集団形式による就職研修(教育・実践コーチング等)

この「Global ACE」事業を通じてJAOSが下記の分析レポートを発表しており、この内容がワーホリ・留学経験を活かしてキャリアアップを目指す皆様にとって参考になる点が多々あるため、今回は要点を抜粋して皆様に紹介させて頂きます。

※勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業(厚生労働省委託事業)
「海外体験を生かしたキャリア形成事例分析」
https://www.jaos.or.jp/trend-data

Global ACE事業を行う背景と目的について

この分析レポートの冒頭には当支援事業を行う「背景」と「目的」が記されています。
少し長いのですが、非常に重要なポイントになるので原文をそのまま紹介させて頂くので是非チェックをしてみて下さい。

【事業を行う背景】

少子高齢化にともなう国内市場の縮小や、事業のボーダレス化の進展により、大手企業を中心にますますのグローバル化が進む中、中小企業などでも海外展開の必要性が高まってきている。

しかしながら特に中小企業では海外で事業展開を担える人材が不足しており、グローバル人材への求人ニーズは今後一層高まることは必須である。

その一方で、海外就業体験をした若年者の雇用状況は必ずしも良好であるとは言いにくく、平成16年度厚生労働省委託事業『海外就業体験が若年者の職業能力開発・キャリア形成への影響・効果に関する調査研究』の報告書(以下、「H16年度調査」)によると海外就業体験が就職活動に有利になったと答えた割合は40.9%程度であり、平成25年度に行った同様の調査研究(以下、「H25年度調査」)でも43.7%程度であった。

しかしながら、H16年度調査やH25年度調査でも明らかになっているが、海外就業体験者は、企業が若年者に求める能力をそれなりに習得したと自覚して帰国している。

つまり、海外で有意義な生活を過ごしてきた海外就業体験者は、企業でグローバル人材として十分活躍できる可能性を大いに秘めているともいえる。

そこで、厚生労働省では、海外体験を希望する意欲ある若年者が、そのエンプロイアビリティを高めるために現地での計画的な能力開発を行い、帰国後の就職活動ではその成果を十分表現し円滑な就職活動ができるような支援事業を立ち上げた。

その『平成25年度 勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業』(通称「Global ACE(GlobalAction for Careers and Employability)」)では、海外インターンシップやワーキング・ホリデー、語学研修、ボランティアなどの就労に係る海外体験のある若年者に対して、その経験を生かした就職を実現できるよう、キャリア・コンサルタントによる渡航前(中)から帰国後までの一貫したキャリア・コンサルティングを実施した。

【事例分析の目的】

当事例分析集では、Global ACEで実施されたキャリア・コンサルティングの事例を元に、企業が求める人材に必要とされる能力・資質を海外体験で習得するためにキャリア・コンサルタントがどう支援し、その結果どのような成果があったのかについて分析を試みた。
また渡航者の視点では、海外就業体験を有益なものとするために必要と思われるマインドや行動について
考察した。
 今後、ますますグローバル人材への求人ニーズが高まる一方で、海外体験を積む若年者も増えると思われ、
その中で海外体験を生かしたキャリア形成に有効な能力開発支援が一層求められてくる。

当事例分析集の目的は、若年者を海外へ送り出す側や、帰国後に採用する側、キャリア・コンサルタント、そして渡航者などを対象に、グローバル人材育成や若年者の雇用創出を考える一助となることである。

*****************

要するにこのレポートでは
・多くの日本企業が急速に進むグローバル化に対応できる「グローバル人材」の必要性は高まるばかりだが、この人材不足が大きな課題となっている。
・ワーキングホリデーや留学経験者は海外経験を通じてグローバル人材として活躍できる素地を備えている可能性が高いのだが、残念ながら企業の就労に繋がっていない現実がある。
・この課題を解決するために、専門家のサポートの元海外経験を計画的に行うことにより海外経験を積んだ若者にどのような効果があったかを検証する
としています。

非常に興味深い内容ですね!
厚生労働省が日本の未来のグローバル化推進のために行った「GlobalACE」事業、次回からより具体的な詳細を見ていきたいと思います。

関連記事:海外経験を活かしたキャリアについて(Global ACEより)②

 

 

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)