こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

最近日本人は内向き志向になり「海外に行く日本人の数が減っている」と聞いたことがあるのですが、
データを良く調べてみると日本人留学生は年々増えていることが判明しました。

この日本人留学生が増えている背景には一体何があるのでしょうか?

また日本人はどのような留学をしているのでしょうか?

今回はとても興味深いテーマである「年々増えている日本人の留学事情について」お話させて頂きたいと思います。

年々増えている日本人の留学事情について


①1か月以内の短期留学が急増している

まず2019年に出された文部科学省の統計データによると、日本人の留学生の数は2009年~2017年の間で約3倍になっていることが分かりました。(独立法人「日本学生支援機構」:協定等に基づく日本人学生留学状況調査 2018年)

参考:日本人学生留学状況調査(独立法人「日本学生支援機構」)
https://www.studyinjapan.go.jp/ja/statistics/nippon/index.html

この留学生の増大の推移で目立つ点は「1か月以内の短期留学が全体の約3分の2(66.5%:2018年実績)を占める」という点です。

内訳を詳しく見てみると海外留学に行く日本人は増えているが、従来の1年前後の留学期間の方は微増~横ばいで

ここ数年で「1か月以内の短期留学」をする日本人が急増している

ということが分かります。

②人気の渡航国について

次に人気の渡航国を見てみると、英語圏で不動の人気の「アメリカ」(前年比1.9%増)、「オーストラリア」(前年比1.6%増)、「カナダ」(前年比6.3%増)が上位3位を占めました。(2018年実績)

1位:アメリカ(19,891人)※前年対1.9%増

2位:オーストラリア(10,038人)※前年比1.6%増

3位:カナダ(10,035人)※前年比6.3%増

ここまでは従来までと大きな変化はないのですが、特筆すべく大きな変化がみられる国がありました。

それは

フィリピンが人気の留学先9位(4,502人)に浮上し、かつ前年比の伸び率が21.7%と圧倒的1位である

という点です。

以上のデータからここ数年間で注目すべき留学事情の変化をまとめると

フィリピンに「短期留学」する日本人が急激に増えた

ということがはっきりと見えてきました。

※参考記事:フィリピン留学がおすすめな10の理由と厳選語学学校5校(English Pedia)
https://www.englishpedia.jp/blog/philippines-study-abroad-recommend

③留学生が増える背景とは?

このように短期留学が中心ではありますが、「日本から留学する人が増えた」背景にはどのような理由があるのでしょうか?

私が見たところ大きく3つの要因があると考えています。

1)語学を学ぶ必要性がより高まったため

留学の1番の目的は何といっても「語学を学ぶ」ことにある方が多いと思います。

シンプルに今後の日本の更なるグローバル化とインバウンド需要の増大を受けて、語学の必要性がどんどん高まってきたことが留学生が増えている背景にあると思います。

2)気軽に留学に行けるようになったため

一昔前までは留学には多大な費用がかかるため、「海外留学」はある程度お金がある方にしか出来ない「特別なこと」でした。

しかし昨今は渡航費などのコストが大幅に下がったり、フィリピン留学のように安価で行けるような留学システムが増えてきたことにより「海外留学」はとても身近なものになりました。

3)短期留学が主流になってきたため

もう1つ大きな変化はやはり「短期留学」が主流になってきたことが挙げられると思います。

従来「留学」と言えば特別な人が一生に一度体験するような一大イベントでしたが、最近は数年に一度のサイクルで短期留学する方も増えてきています。

また今後は

「大学の授業の一環」として、または「企業の研修制度の一環」として「短期の海外留学システム」を活用する企業や団体が増えていく

と思います。

よって今後はますます日本からの留学生が増える時代が訪れることになりそうです。

※コロナ禍では「オンライン留学」が増えているようです。

関連記事:オンライン留学のメリットとデメリット
https://hirawatari.xsrv.jp/online-ryugaku/

************************

如何でしたでしょうか?

「海外に行く日本人は減っている」というニュースや報道が多い中、実際に「留学生の数」を調べてみるとここ数年でその数は3倍にまで増えていました。

今後の日本のグローバル展開やインバウンドマーケットの増大に対応できる人材育成を考えると、日本人はもっと海外に出ていくべきだと思います。

また今後本格的に訪れる「人生100年時代」においては、自身のキャリアアップを継続するために何度も短期留学に行く時代が来るかもしれません。

関連記事:「短期留学」は帰国後のキャリアアップにつながるか?
https://hirawatari.xsrv.jp/shortterm-ryugaku/

いずれにしても今後の日本のグローバル化推進のために、上手に留学制度を活用してスキルアップする日本人が増えていく傾向にありますので是非参考にしてみて下さい。

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓

【おススメ求人はコチラ】↓