こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

現在新型コロナウィルスの影響で、ワーキングホリデー・留学から帰国後の皆さんに人気がある「インバウンド関連求人」がほとんどなくなってしまっています。
それもそのはず、ニュースでも大々的に取り上げているようにコロナの影響で世界的な国境封鎖が続いた結果、インバウンド(訪日外国人数)は前年対比99%以上などのレベルで激減している状況が11か月連続で続いしまっているような状況にあります。

参考記事:【訪日外国人数】2020年8月訪日客数8700人、11カ月連続で前年同月割れ(やまとごころ.jp)
https://www.yamatogokoro.jp/inbound_data/40042/

その結果インバウンド関連事業者は業績が落ち込み廃業や倒産が続出しているような厳しい状況ですので、とても新規の求人が出せるような状況にはありません。

一体今後インバウンドマーケットはどうなってしまうのでしょうか?

日本のインバウンドマーケットは大きく回復する可能性が高い

しかし一方で「コロナの収束後に一番行きたい国は日本」という沢山の調査結果が上がってきたり、何といっても来年には「東京オリンピックを必ず開催する」という動きも出て来ています。

関連記事:アフターコロナで一番人気の日本~インバウンド復活に向けた準備を!

参考記事:東京五輪、「新型ウイルスに関係なく」開催 IOC副会長が表明(BBCニュース JAPAN)
https://www.bbc.com/japanese/54066904

また直近のニュースとして菅政権に代わった日本政府は10月1日から入国制限の緩和措置を取ることを決定し、徐々にではありますが国境回復の流れが動き出しているのも事実です。

参考記事:入国制限措置 10月1日から全世界対象に緩和 限定的な範囲で(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201001/k10012642691000.html

よって明確な時期は明言しづらいとしても、コロナの収束に伴い日本のインバウンド需要は再び大きく拡大することが予想されます。
そしてその時には人材採用ニーズも一気に増えることになるので、このタイミングで世界中の方をターゲットにお仕事をする。

「インバウンド関連のお仕事をしたい方には大チャンスが来る!」

ことは間違いないと考えています。

よってワーホリ・留学経験を活かして世界中の方々をターゲットにする「インバウンド関連のキャリア(お仕事)」を目指す方には、今は準備の期間と考えてコロナの収束後の「インバウンドの復活のタイミング」を狙い撃ちすることを強くおススメさせて頂きます。

それでは具体的にインバウンドの復活に向けてどんな準備をしたら良いのでしょうか?

インバウンドの復活に向けた就職・準備をどうしたら良いか?

このテーマに関する私のアドバイスは2つです。

1つ目はアフターコロナの世界ではほとんどの仕事がインバウンド(訪日外国人客)&グローバル(外国人)をターゲットにする時代に突入することは間違いありません。

その対象業界や職種は典型的な観光・宿泊・飲食・サービス業界は勿論として、営業やITや企画・教育関連など非常に多岐に渡ることになると思います。

理由は日本は少子高齢化により海外の方にモノやサービスを売っていかないと成り立たない時代に入っていくからです。

従ってまず皆さんがやるべきことは、今後自分が身を置きたい業界や職種に「正社員として就職して」仕事のスキルの基礎とキャリアをしっかり付けることです。

ここでのポイントは現時点では「英語」や「海外」に拘らないようにすることです。

その理由は2点あります。
①企業があなたに求める能力はあくまで日本(語)で発揮できる具体的なスキルや経験であり、英語や海外経験はあくまで付加価値でしかないこと。(明確な基礎スキルがないと、英語力も海外経験も評価の対象にならない)
②現時点で海外・英語の求人がないのでここに拘ると就職できる会社が非常に少なり、その結果「キャリアのブランク」が出来てしまうこと。

関連記事:帰国後の就職活動で英語力をPRするとマイナス評価になる?

 

また2つ目のアドバイスとしては、今からインバウンドの復活の際に必要となることをしっかり勉強しておくことです。
具体的には「接客・観光英語」や「ホスピタリティ(おもてなし)」「観光ガイド」についてなどです。

上記の2つの準備をしておくことにより
●コロナが収束しインバウンド需要が復活し求める求人が沢山出てきたタイミングで再度転職活動をする
ことも良いですし、
●勤めた会社がアフターコロナでインバウンドや海外進出に力を入れるのであればそのポジションをしっかり取りにいくということが出来ると思います。

今一番良くないのは「やりたいインバウンド関連の求人がないから」「海外関連の求人がないから」ことを理由に「キャリアのブランク」を作って将来の就職活動を難しくしてしまうことです。

関連記事:【コロナでワーホリが延期になった方へ】キャリアのブランクに注意!

*******************

如何でしたでしょうか?
今回は「インバウンドの復活に備えた就職について考える」というテーマでお話させて頂きました。

現在大ピンチの「インバウンド関連求人」ですが、近い将来必ず盛り上がってきますのでその好機(チャンス)を見逃さないようにに今からしっかり準備をしておきましょう!

関連記事:ワーホリ・留学経験者が大活躍する!「インバウンド」のお仕事(まとめ)

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)