こんにちは!
「日本と世界を人材でつなぐ!」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

令和の日本は急速に進むグローバル化とインバウンド需要の急拡大により「グローバル人材採用」のニーズが年々高まってきています。

参考:グローバル人材・グローバルリーダーとは?(HR Review)
https://bizreach.biz/media/11947/

今回はこの流れに伴い企業の採用担当者から多数相談を受けている

●「グローバル人材をどのように採用したら良いのか?」

というテーマについてお話させて頂きたいと思います。

「グローバル人材」をどのように採用するのか?

 

まずはじめの私の経験談からお話させて下さい。

私は昨年まで2年間東京・原宿で「ワーホリスタッフだけで運営するカフェ(通称:ワーホリカフェ)」を経営していました。
※ワーホリスタッフ=海外でワーホリ経験がある日本人+ワーホリで来日した外国人

このカフェでスタッフ募集をするとどうなると思いますか?

それは・・毎回求人募集を出すと応募が殺到するため、募集開始から数日で応募をストップすることになるのです!

多くの飲食店で人手不足が叫ばれる中、何故この「ワーホリカフェ」にはこんなに沢山の応募が来るのでしょうか?

●業態がカフェだから?

●場所が原宿だから??

勿論そういう理由もあると思います。

他には

●給料が良いから?

●待遇がとても良いから??

他店と比較して特別良い待遇があるわけではないので、これはまずありえない理由です。

それではこのワーホリカフェに「応募が殺到する理由」とは一体何なのでしょうか?

働くスタッフ達の「自己実現」につながる環境がある職場なのか?

注意してみるとうちのカフェに応募してくる方の多くに「共通の志望動機」があることが分かってきました。

その共通点とは応募者の方のほとんどが

「(他のカフェでなく)うちのカフェの【環境】で働きたい」

という志望動機なのです。

 

この【環境】とは具体的にはどのような環境のことなのでしょうか?

簡潔にお伝えすると皆さん「日本と世界をつなぐカフェ」という環境だと言ってくれるんですね。

 

この「日本を世界をつなぐカフェ(環境)」に対する解釈は人により様々なのですが、多い意見としては下記のようなものがあります。

●多国籍のスタッフ達と働けるカフェ(環境)

●英語を使って外国人のお客様と接することが出来るカフェ(環境)

●自分のおもてなし力や調理力を活かして、世界中のお客様に喜んでもらえるカフェ(環境)

●過去に海外に住んだ経験があり、その経験を体現できるようなカフェ(環境)

etc…

う~ん、素晴らしい志望動機ばかりです!(笑)

 

このような環境を備えたワーホリカフェには、このブログでお伝えさせて頂いている「グロール人材」に該当する方々から沢山の応募があるのです。

関連記事:ワーホリを活用して「グローバル人材」になる方法
https://hirawatari.xsrv.jp/whoisglobalzinzai/

 

ちなみに応募者の方の多くは日本人ですが、とても優秀な外国人の方からの応募も多数あります。

関連記事:ワーホリを活用して来日する外国人材が持つ大きな可能性!
https://hirawatari.xsrv.jp/workingholidayrainitigaikokuzin/

また特筆すべき点は20代前半~30代前半の若い方からの応募が圧倒的に多い、ということです。

 

そして沢山の方々と面接をしていくなかでもう1点気づいたことがあります。

それは応募者の方の多くは、「いますぐ仕事が欲しくて沢山の会社(店舗)に応募をしている」のではなく、

「うちのカフェで働きたいので、今すぐ採用されなくても今後も採用の機会があれば連絡をしてもらいたい」

という方々なのです。

察するに多くの日本のサービス業、特に飲食業界は慢性的な人手不足なため、求職者の方々からすれば働くお店や会社はいくらでもあるのだと思います。

従って求職者にとっては「仕事に就くこと自体」は簡単なのですが、より重要なことは「自身が望む環境で働くこと」であり、

うちのワーホリカフェにはその【環境】が整っているため沢山の応募がくるというのが、大きなポイントになると考えています。

グローバル人材採用を成功させるためのノウハウとは?

ここで素朴な疑問が湧いてきます。

「応募者の方々が望む環境(条件)が整っているお店は、うち以外にも沢山あるのでは?」

この質問を面接した方々にさせて頂くと、「なかなかないのでこちらに応募をしたのです」

という回答が返ってくるケースが多いのです。

 

なるほど、皆さんの話を詳しく聞いていく中で2つのことが見えてきます。

1つは人材採用、特に

「グローバル人材採用」に関しては有効なノウハウが確実に存在する

ということです。

 

そしてもう1つがそのような

グローバル人材採用のノウハウを持っている企業(お店)がまだまだ少ない

ということです。

ちなみにこの「ノウハウ」とはどんなものなのか?

私の経験からこれらは大きく分けて下記の3点に集約することが出来ると考えています。

ノウハウ1)下記の3つのポイントを整理した上で採用活動を行う

①どのターゲットの方々にどのような手段でアプローチするのか?
②ターゲット人材のニーズは何で、どのようなオファーを提案する必要があるのか?
③お店(会社)の理念/ビジョン/コンセプトはどうあるべきなのか?

ノウハウ2)「モデル人材」がグローバル人材を集めるキーワードになる

ノウハウ3)グローバル人材は「独自のネットワーク」でつながっている

各項目について1つずつ解説させて頂きたいと思います。

ノウハウ1)3つのポイントを整理した上で採用活動を行う

まず始めに下記の3つのポイントを整理した上で採用活動を始めることがとても重要です。

①どのターゲットの方々にどのような手段でアプローチするのか?

②ターゲット人材のニーズは何で、どのようなオファーをする必要があるのか?

③お店(会社)の理念/ビジョン/コンセプトはどうあるべきなのか?

採用活動をする際には皆さん「ターゲットの選定」及び「ターゲットニーズに対するオファー」をされると思います。

よって上記の3つのポイントは当たり前のことなのかもしれません。

しかしグローバル人材採用が上手くいっていない方はこの「3つのどこかに問題がある」ことが多く、

その場合は改めてこの3つのポイントをチェックして必要に応じて改善していく必要があります。

私の経験から感じるのは、採用が上手くいかない場合は特に3番の

●「お店の理念/ビジョン/コンセプト」が「あまり魅力的に映らなかった」、もしくは「共感できなかった」

というケースが多いのです。

よってここでとても重要なポイントになるのが

グローバル人材は企業やお店やトップへの「共感」の元に集まる

ことだと確信していますので、この点をしっかり抑えて頂くことがとても重要になってきます。

ノウハウ2)「モデル人材」がグローバル人材を集めるキーになる

海外での就労・生活・学習経験を積んだ方々が気になるのが、あなたの職場では

「先に海外経験を活かして帰国したスタッフが、実際にどのような仕事をしているのか?」

ということです。

 

上記の問いに対する答えを得るためには

「同じ経験を先にした先輩方が今どのような仕事をして、どのように活躍しているのか?

を知ることがとても有効です。

 

あなたの職場で実際に活躍しているグローバル人材が1人でもいらっしゃれば良いのですが、

このような人材がいない場合グローバル人材採用は少し難しくなってしまう可能性が高いです。

 

従ってグローバル人材採用に力を入れたい会社やお店は、「彼らが活躍できる環境づくり」と共に

「実際に活躍しているグローバル人材の育成(モデル人材の創出)」を同時に行うことがとても重要になってきます。

ノウハウ3)グローバル人材達は独自のネットワークでつながっている

ノウハウの3点めで注目してもらいたい点は

「グローバル人材達はつながっている」

ということです。

彼らは一体どこでどのようにつながっているのでしょうか?

 

私は経験上「海外に一定期間滞在している時に出会う人同士は、国内で出会うケースよりもつながりが深くなる」

と考えています。

 

観光ではこの現象はあまり見られませんが、海外である一定期間一緒に働いたり勉強したりした経験があると、この傾向が強くなるように思うのです。(私もそうでした)

 

従って海外に飛び出し一定期間勉強や仕事をして過ごした方々は、現地で「何かしらの人脈やネットワークを構築して帰国する」可能性が高いわけです。

そしてこの人脈やネットワークは帰国したら分断されてしまうのではなく、SNSや様々なコミュニティーを形成してむしろ拡大していくことになるのが大きなポイントです。

ちなみに私が留学した学生時代は、帰国後現地とのやりとりは「AirMail」の手紙くらししかなかったため時間の経過と共に
関係が切れてしまったものですが・・今は時代が大きく変わりましたね。

尚このコミュニティーの中で特に重要になるのが、つながりのあるメンバーからの「口コミ情報」です。

そしてこの「口コミ情報ネットワーク」を通じることにより、沢山のグローバル人材達と出会うことが

出来るのが大きなポイントになってきます。

グローバル人材採用力の向上のために!

如何でしたでしょうか?

冒頭の「ワーホリカフェ」の事例でお伝えさせて頂いた通り、今後「インバウンド」&「アウトバウンド(海外進出)」に力を入れていきたい企業や店舗経営者の方々は、

自社(自店)に「グローバル人材」を採用する【ノウハウと仕組づくり】をしっかりすることにより、爆発的に採用力がアップする

ことは間違いありません。

また私はワーホリカフェの経営を通じて沢山のグローバル人材を集めるノウハウが蓄積出来ました。

しかし1店舗のカフェでは実際に採用できる人数には限界があります。

従って私は応募をしてくれた

●沢山のグローバル人材の方々が活躍する場所をもっと増やすために、同じような【環境】があるお店や企業をグローバル人材達に紹介する

ことを目的とした「ワーホリキャリア.com」という事業を立ち上げることにしたのです。

●ワーホリキャリア.com(ワーホリ/留学経験者のキャリアサポート)

今後私は日本のグローバル展開とインバウンドマーケットを盛り上がるために、「グローバル人材が集まるノウハウと事例」をどんどん開発してこのブログを通じて皆様にどんどん情報発信していきたいと考えています。

そして皆さまと一緒にこの日本を元気にしていきたいと考えていますので、改めて宜しくお願い致します!

関連記事:ワーホリを活用してグローバル人材を獲得する方法
https://hirawatari.xsrv.jp/worholi-globalzinzaigetknowhow/

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓

 

【おススメ求人】はコチラ↓