こんにちは!
「日本と世界を人材でつなぐ!」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

新型コロナウィルスの発生から2年以上の時が経ち、やっと落ち着きを見せそうな動きになってきています。

今回のコロナのパンデミック(世界的大流行)は世界中に大きな変化をもたらしましたが、その中でもワーホリ・留学に与えた変化とは一体何だったのでしょうか?

今回は悪い面だけでなく、良い面をも含めて「コロナのパンデミックがワーホリに与えた3つの変化」というテーマについて皆さまにお話しさせて頂きます。

コロナのパンデミックがワーホリ・留学に与えた3つの変化

今回のパンデミックがワーホリ・留学に与えた影響と変化について考えると、大きく下記の3つに集約できると思います。

①自由に海外渡航が出来なくなった

②オンライン留学が急速に普及した

③海外での就労のチャンスが増えた

この後各テーマについて順番に見てきたいと思います。

①自由に海外渡航が出来なくなった

この点については説明するまでもないかもしれませんが、コロナのパンデミックの影響で世界各国が外国人の受入れに対して慎重になりました。

その影響により当初計画していたワーホリ・留学を延期や中止した方も多かったと思います。

最近のコロナの落ち着きにより世界の国境が開きだし、誰もが自由に世界中に行ける日は近いのかもしれません。

しかし一方で「ウィズコロナ時代」が想定以上に長く続く可能性も否定できず、当面は

「コロナの状況によりいつ何時入国規制がかかるかもしれない」ことを前提にワーホリ・留学の計画を立てることが重要になる

と考えています。

尚国境開放・外国人の受入方針は国や地域によって大きく異なりますので、この点をしっかり注視することも忘れてはいけません。

②「オンライン留学」が急速に普及した

①でお伝えした通りコロナ禍で外国人受入に様々な規制がかかる一方で、コロナの影響を受けない「オンライン留学」が急激に普及している点には注目しておきたいところです。

ワーホリや留学の目的は「語学の習得」だけではないため、リアルに現地に行かないと経験できないことが多いと思います。

だからといって「オンライン留学」を頭から否定してしまうのは、今の時代において現実的ではないと思います。

理由はオンラインだからこそ受けられるメリットは確かに存在するし、より積極的に考えると「オンライン+リアル」を組み合わせることによってこそ出来ることが沢山あるからです。

具体的には「オンライン留学」のメリットとはどのような点にあるのでしょうか?

主だったものを挙げてみたいと思います。

●コロナの影響をほとんど受けない
→コロナの状況に左右されずに様々な計画が立てやすい点は大きなメリットになると思います

●リアルの場合よりも資金が安く済む
→海外現地への渡航費や宿泊費、生活費も含めてトータルコストを大きく抑えることが出来るので、資金がなくても留学できるメリットは大きいと思います。

●自分の都合に合わせたスケジュールが組みやすい
→多くのオンラインプログラムはリアルの場合よりもスケジュールが組みやすく、あなたの仕事や学校の都合に合わせてプランをカスタマイズ出来るのは大きなメリットになると思います。

一般的にワーホリに行く方は、現地で「語学の勉強」+「お仕事」+「観光」という複数のプランを立てると思いますが、

このうち「語学の勉強」の一部または大部分をオンラインに変えることによりコロナの影響を小さくして、かつ持っている資金と時間をより有効に使えるケースが増える

と思います。

よってオンラインのメリット部分に注目して、今までできなかったあなた独自の「ワーホリ・留学プラン」を立てることをおススメさせて頂きます。

関連記事:オンライン留学のメリットとデメリット
https://hirawatari.xsrv.jp/online-ryugaku/

③海外での就労のチャンスが増えた

今回のテーマで私が皆様に一番お伝えしたいのがこの「海外での就労のチャンスが増えた」という点です。

具体的にお話すると、コロナ前よりも「海外での就労ビザ」が取得しやすくなりそうなのです。

この背景には世界的な「人材不足」があり、その中でも

日本人スタッフ自体がブランド力を高めるお仕事(例:海外の日本食レストランでの寿司シェフ)
日本人にしか出来ないお仕事(例:現地で日本語を使うお仕事※日系企業との会議の通訳や、日本人顧客への対応業務)
●若くて行動力や体力が必要なお仕事(例:ファームでのお仕事)

上記のようなお仕事で圧倒的に人手が足りていないため、ワーホリをきっかけに海外で働きたい方には大きなチャンスになりそうです。

その証拠に海外のオーナー達から私のところに
「就労ビザの発行も検討するので、ワーホリで渡航する若い日本人を紹介して欲しい」という相談がかなり増えてきています。

よって海外で就労ビザを取得して働きたい方は、このコロナのパンデミックが大きなチャンスになる可能性が高いのです。

但し海外での就労ビザについては
●頻繁に資格や制度が変わる点
●基本的には一定の資格(語学力や一定以上のキャリア)がないと取れない点
を十分念頭に置いた上で、専門家に相談しながら「海外就職」について検討することをおススメ致します。

参考記事:日本ワーキングホリデー協会
※ 最新のワーホリ・留学情報については「日本ワーキングホリデー協会」などでご確認下さい。
https://www.jawhm.or.jp/

**********************************

如何でしたでしょうか?

コロナのパンデミックは世界中に大きな被害をもたらし、ワーホリ・留学にも大変大きな打撃を与えています。

しかし物事には良い面と悪い面の両方があり、プラスの面に着目すると新たなチャンスも見えてくると思います。

特に「オンライン留学」と「海外就職(就労ビザの取得)」に関しては大きな変化でありチャンスであるとも言えますので、興味のある方は詳しく調べてご自身のワーホリ・留学プランに上手に組み込んでみてはいかがでしょうか?

尚キャリアについての相談がある方は弊社のキャリアカウンセラーがサポートさせて頂きますので、お気軽に下記までご連絡下さい!

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓

【おススメ求人はコチラ】↓