こんにちは!
【日本と世界をつなぐ】ワーホリキャリアプロデューサーの平渡です。

先日発表された今年2020年4~6月期のGDPは驚愕の年率換算27.8%減、過去最大の落ち込みとなってしまいました。

参考:4~6月期GDP、年率27.8%減 過去最大の落ち込み(日本経済新聞)https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HSS_X10C20A8000000/

このような急激な景気後退に伴い就職・転職市場も非常に厳しい状況になってきています。

その中でも特に明確なキャリアがない方やコロナの影響で求人が減っている業界のへ就職希望の方は、なかなか内定がもらえずに非常に苦労をしている状況です。

関連記事:新型コロナウィルスの影響により求人状況はどうなっているのか?

このような状況下で「キャリアの浅い未経験者」の方や、「転職回数が多くて企業から敬遠されることが多い方」はどのような対策を打ったら良いのでしょうか?

最近このような相談がかなり増えておりますので、今回はキャリア不足&転職回数が多くて就職が決まらない方への処方箋」というテーマでお話をさせて頂きます。

まずはキャリアの「基礎」を固めてから、次のステップを目指す

①キャリアの「基礎」を固めることを考える

このブログで何度もお伝えさせて頂いていますが、ワーホリ・留学経験者の多くの方が帰国後の就職で希望する
「英語を使うお仕事」「海外とつながるお仕事」「外国人と接するお仕事」などはすべて「手段」についての着眼点です。

大切なことは具体的に何の仕事で「英語を使うのか?」「海外とつながるのか?」「外国人と接するのか?」という視点になりますので、この点をしっかり再認識しないといつまでも就職活動で苦労したままになってしまいます。

よってあなたは今後

具体的にどのような仕事のキャリアを作るのか?

をしっかり決めた上で、そのキャリア(お仕事)を「英語を使って」「海外とつなげて」「外国人に向けて」出来るようになることを目指すべきです。

要するにはまずは「具体的なキャリア」があって、その次にそのキャリアを活用する手段として「英語」「海外」「外国人」があるという順番であることを忘れないで下さい。

 

②最低2年以上の在籍実績を作る

ハッキリお伝えしたいのですが、短期間で転職を繰り返す方は就職活動で非常に苦労しています。

20代で転職歴が4回以上、30代で10回以上、40代で15回以上の方のサポートを沢山してきましたが、かなりの確率で企業から「長期の在籍不安があるため採用見送り」という回答が来てしまうのが現実です。

職務経歴の評価の中には「適応力」やある程度の「忍耐力」も含まれています。

また転職回数が多い方は「その後も何度も転職を繰り返す(簡単に退職をしてしまう)」傾向があるため、企業はわざわざ早期退職をする可能性が高い方を採用しない訳です。

正直あまりに転職回数が多い方(特にキャリアの一貫性がない方)の就職のサポートは、私達でも出来ることに限界があることをご理解下さい。

未経験歓迎&転職回数不問の求人に積極的に応募する

それでは未経験者や転職回数が多い方は一体どうしたら良いのでしょうか?

シンプルな答えですが具体的には3つの方法が考えられます。

①未経験歓迎の求人に応募してキャリアの基礎を作る

②転職回数不問の求人に応募してキャリアの基礎を作る

③正社員登用制度がある契約社員・アルバイト求人に応募する

ここで重要なことはまずはしっかり社員(社員候補)として就職をして、

(あくまで目安ですが)最低2年間の在籍実績と「キャリアの基礎」を作る

ことです。

現在の新型コロナウィルスの経済への悪影響は2年は続くと言われていますので、「この2年間はキャリアの基礎を作る絶好のチャンス」だと思います。

今回のお仕事が英語や海外とリンクしたらベストですが、もしそうでなかったとしても一旦英語や海外のことは忘れて下さい。(英語や海外はキャリアの基礎が出来てから考えましょう)

そして現時点で自分がやりたい仕事と目の前の求人にギャップがあったとしても、まずは在籍実績を作りながら本当にやりたい仕事につながるキャリア形成に励んで下さい。

どんな仕事であっても自分の意識次第でいくらでもキャリアアップをすることが出来ます。

そして足りないキャリアについては就業時間外に勉強するなり、副業するなりして身に着けていくこと努力を惜しまないことです。(副業をする場合は念のため勤務先の「就業規則」を確認して下さい。)

特に職種でいうと
・営業経験2年以上
・接客/販売2年以上
・IT、オンライン、マーケティングに関する経験2年以上
は広範囲に渡り企業が経験値として認めてくれやすいスキルになりますので、今現在どんなスキルを身に着けて良いか分からない方はこの分野で2年間実績を積むことを心がけると良いと思います。

尚このような求人を見つけるためには、プロのキャリアカウンセラーや転職エージェントをフル活用してみて下さい。

企業に振り回されずに「起業を目指す」という選択肢

企業への就職を考える場合は上記に述べたように「企業側の要望を理解した上での対策」が必要になります。

もしそれが面倒だったり、自分はあくまで自分自身の価値観で生きていきたい!という方はこの機会に「独立・起業」を目指すのが良いと思います。

参考:人生100年時代の働き方~キーワードは「自立」&「グローバル」

参考:ワーホリから帰国後の就職・進路には4つの選択肢がある

当然独立・起業にはリスクが伴いますし、企業に就職する以上の努力が必要になると思います。

しかし私は「人生100年時代」「アフターコロナの時代」は多くの方が自立する時代になると考えていますので、「独立・起業」を強く推薦するキャリアカウンセラーの一人です。

よってなかなか企業への就職が決まらずに悩んでいる方は、思い切って独立起業を目指す!という選択をすることも視野に入れたら良いと思います。

 

以上最近は特に就職活動に苦労している方からの相談が多いので、上記のアドバイスを書かせて頂きました。

最終的には先行き不透明な時代のキャリアは「自己責任」で構築する時代、皆様にはコロナに負けずに後悔のない人生を送れるように全力で頑張ってもらいたいと思います!

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)