こんにちは!
「日本と世界をつなぐ」ワーホリキャリア.com代表の平渡です。

連日新型コロナウィルスの感染者数が増え続け、コロナ第三波は大きな脅威となりそうです・・

そして今回のコロナの影響で「今後のキャリアの在り方(働き方)」にも大きな変化が訪れるのは間違いないと思います。

具体的にはウィズコロナ・アフターコロナの時代の業界地図が大きく変わり、今後人々に求められるスキルも大きく変化することは間違いありません。

よって今回からは「コロナが今後のキャリアに与える3つの影響とは?」というテーマについて、2回に分けてお話させて頂きたいと思います。

コロナが今後のキャリアに与える影響とは?

まず私の目から見て今回のコロナ禍が今後のキャリアに大きく与える影響は下記の3点になると考えております。

①すべてのビジネスの「オンライン化・グローバル展開」の加速

②低リスクでの「フリーランス型の独立・起業」の増大

③「副業」が当たり前の時代になる

各テーマについて一つずつ見ていきたいと思います。

①すべてのビジネスの「オンライン化・グローバル展開」の加速

今後この「オンライン化・グローバル展開」は本当に凄まじい勢いで加速していくことになると思います。(もう進んでいますね・・)

ざっと考えただけでも、コロナ前では考えずらかった下記のような現象は今や当たり前のものになりつつあります。
●多くの企業で「テレワーク」が普及・商談や打ち合わせの多くで「オンライン」が主流に
●採用面接や企業説明会でも「オンライン対応」が主流に
●セミナーやイベントも「オンライン開催」が当たり前に
●大学や学校も「オンライン授業」がメインに
●飲み会も「オンライン飲み会」が大きく普及
●買い物や食事(出前)でオンライン利用者が急増
etc・・

尚この結果アフターコロナの世界では「伸びる業界」と「衰退する業界」にはっきり分かれるという見方も沢山出てきています。
※参考記事:アフターコロナの二極化で分かれる業界8選|強い会社の特徴とは?(夢テクノロジー)
https://www.yume-tec.co.jp/column/trend/3628

そして今まで「対面や人による接客対応が前提」だった下記のような領域でも、オンライン化・自動化が進みつつあるようです。
●観光や留学もオンライン対応が増えていく
●外食や宿泊業も「非接触型」の導入により自動化・ロボット化が普及
●結婚式や葬儀もオンライン型が普及していく
●スポーツクラブもオンライン化で自宅でやる時代になってくる
etc・・

ここで注目したいのはこの「オンライン展開」はコロナの一過性のものではなく、「アフターコロナの後にも大きく定着することになる」だろうという点です。

そしてこの「オンライン化」はターゲットになる地域を選びませんので、多くのビジネスが一気に「全国対応・グローバル対応可能」になっていきます。

よって多くのビジネスにとって

「オンライン展開の加速」=「グローバル展開の加速」になる!

というワーホリ・留学経験者の皆様にとって非常に重要な変化をしっかり抑えておくことがとても重要です。

そしてこの変化は多くの方の働き方にも大きな影響をもたらす為、「今後のキャリアで必要とされるスキル」も大きく変わってくることになることをしっかり理解しておきましょう。

オンライン時代に必要なスキルを身に着ける

ここできちんと理解しておかないといけないことは、今後はすべての方々にとって「オンライン対応出来るスキルが必須になる」ということです。

求職者の方と話をしていると
・IT/オンラインは苦手だ
・IT/オンラインには興味がない
という方が時々いらっしゃいますが・・今後はそのようなことは言っていられない時代になっていきます。

理由はこの「オンライン対応スキルがあるかないか?」による人材・スキルの2極化が進むと言われており、

「オンラインが苦手な方は今のうちに克服しておかないと将来のキャリアに不安を残す

ことになりかねないからです。

それではこのような状況下で、IT/オンラインが苦手な方はどうしたら良いのでしょうか?

誤解を恐れずに直球でお伝えすると
●オンラインの活用により今後伸びる企業に就職する
●オンライン/ITスキルを身に着けることが出来る会社に就職する
●オンラインスキル/ITスキルを身に着けるための勉強をする

このような視点がとても重要で、特に私がお勧めするのは

未経験者歓迎のIT/オンライン関連企業に入社(求人に応募)し、3年以内にフリーランスとして自立できる力をつける

というキャリアプランです。

私は今後かなり多くの方がフリーランスとして自立する時代、そして自立した方がグローバルに活躍する時代になると確信しています。

関連記事:ワーホリ・留学から帰国後に起業をする方法(まとめ)

この「自立」を実現するためには必要なスキルと経験を早めに身に着けて、遅くても30代では実際に「独立・起業」できる人材になることが肝要です。

これからは

「人生100年時代」に続き、「1億総起業時代」が到来する

のかもしれません。

このテーマはとても重要ですので、次回に詳細を書かせて頂きたいと思います。

関連記事:コロナウィルスの影響により求人状況はどうなっているのか?

 

【無料キャリア相談/お仕事情報(無料)】はコチラから↓(ワーホリキャリア.com)